ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国登録有形文化財

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月13日更新

国指定登録文化財

計19件ー萱島酒造14件、旧有永邸4件、重光家1件

通しNo

区分

名称

所在地

所有者

指定年月日

D01

登録有形

萱島酒造 仕込み蔵

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D02

萱島酒造 北蔵

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D03

萱島酒造 米蔵

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D04

萱島酒造 門口倉庫

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D05

萱島酒造 旧ムロマエ

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D06

萱島酒造 煙突

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D07

萱島酒造 旧麹室

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D08

萱島酒造 中蔵(搾り場)

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D09

萱島酒造 冷蔵蔵(旧醸造場)

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D10

萱島酒造 井戸屋形

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D11

萱島酒造 木塀

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D12

萱島酒造 裏門

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D13

萱島酒造 主屋

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D14

萱島酒造 住宅把離れ

国東町綱井

萱島酒造

平成10年1月16日

D15

旧有永邸 主屋

国見町岐部

国東市

平成12年12月4日

D16

旧有永邸 離れ

国見町岐部

国東市

平成12年12月4日

D17

旧有永邸 蔵

国見町岐部

国東市

平成12年12月4日

D18

旧有永邸 馬屋

国見町岐部

国東市

平成12年12月4日

D19

重光家  住宅主屋

国見町向田

個人

平成12年12月4日

1-14

 

15-18

 

19

 

kaya

D01 萱島酒造 仕込み蔵

 

萱島酒造は、明治6 年の創業で親子四代にわたる醸造所である。仕込み蔵は、木造2 階建,寄棟進,瓦葺きの大規模な倉庫建築で、内部は一、二 階とも板床で,小屋はトラス組とする。敷地の奥手に建つが,風格ある大屋根は外部からも望見出来て、広く親しまれている。

D02 萱島酒造 北蔵

 

仕込み蔵の東側にあり、棟を直行して建つ木造平屋建の建物。他の建物と異なり内都に棹縁天井をはった丁寧な造りになる。間口4間半に対して奥行13間と長い。近年、東妻に別棟が付属したが本体部は保存がよい。製品置場(瓶詰め)として知られている。

D03 萱島酒造 米蔵

 

土蔵造二階建の蔵で、漆喰仕上げの簡素な造りになる。外壁は二階窓までのぴる縦板を貼る。窓は、外側に簡単な枠をつけたもので板戸片引きとする。県道に面して建ち、煉瓦造りの煙突とともに萱島酒造を象徴する建物として親しまれている。

D04 萱島酒造 門口倉庫

 

米蔵に接続して建つ平屋建の倉庫兼門屋とする建物。米蔵側の一間半が門口で、門扉はシャッターに代わる。倉庫部分は間口3 聞、梁間二間と小規模で.、真壁造で腰板をはる簡素な造りとなる。居宅とー体の醸造所を構成する付属的な施設である。

D05 萱島酒造 旧ムロマエ

 

敷地の南側に位置する木造平屋建の麹を冷やすための蔵造の建物。桁行五間、梁間4 間半の規模になり,中蔵とは棟を直交してたつ。小屋組は和小屋とし外壁は漆喰仕上げとする。醒造所で量も古い建物で、歴史を知る上で貴重である。

D06 萱島酒造 煙突

 

ムロマエの北側に隣接する平面八角形町煉瓦造り煙突で,高さ20mある。排煙口の意匠や煙道に付加された帯金具がアクセントとなっている。遠方からも望見され.古くから圃造所を象徴する工作物として付近の目印となっでおり広く親しまれている。

D07 萱島酒造 旧麹室

 

 旧ムロマエの南に建つ建物で、間口四間、梁間3 間の木造平屋建になる。中蔵とは棟を平行にし、外壁は周囲を板貼とする。南妻側の上部に気抜きの小屋が付き、意匠上のアクセントとなる。現在は吟醸酒を長期保存するための施般として使われている。

D08 萱島酒造 中蔵(搾り場)

 

間口4 間、奥行2間の長大な木造2 階建で、寄棟造りの建物で,棟を南北に向ける。小屋組は、単純なキングポストトラスで、左右の東は挟み東とする。醸造所の建築群のなかで、仕込み蔵とともに外壁を板貼りとする壮大な外観はひときわ目立つ存在である。

D09 萱島酒造 冷蔵蔵(旧醸造場

 

中蔵の西側!に建つ。間口6 間半、奥行11間の平屋建ての建物。醸造所の中で最も古い建物として知られ、昭和4 年から冷蔵庫として使用している。内部は、搾殻を詰めた二重の板壁に改修し保温性を高めている。醸造行程を知る上で、意義深い建物である。

D10 萱島酒造 井戸屋形

 

仕込み蔵の西側に位置する立ちの割には間口がやや広めの井戸屋形で,切妻の屋根をかける。中央に醸造に必要な清水を汲む切石組の井戸がある。小規模な建屋であるが、開放とする南面妻側の入り口には注蓮縄を張って、日頃から丁寧に管理されている。

D11 萱島酒造 木塀

 

敷地の南側を限る塀で、腰下を煉瓦積みとしその上に木造の屋根塀を載せた構造になる。木造屋根塀の部分は、一間毎に柱を立て貫を渡し、その上下2 段に間渡しを渡す簡素なもので、屋根は鉄板葦とする。明治以来の醸造所の繁栄を今に伝えている。

D12 萱島酒造 木塀

 

醸造所の裏手にある門で、煉瓦造りの親柱一対が保存される。鉄製の門扉は後捕のもの。仕込み蔵の南側に布設する下屋に接するように建ち、切妻の瓦屋根が付くほかシャタ ーも布設されている等改造があるが、醸造所の歴史を知る上で意味ある門である。

D13 萱島酒造 主屋

 

醸造所の敷地のほぼ中央に建つ木造2 階建、寄棟造り、桟瓦葺きの主屋。1階は北端部を開放とし,北側に隣接する酒造事務所と繋げてー体的な利用を図る。 2 階正面は、全面ガラス窓として開放的な造りとする。規模の大きな萱島酒造の主屋として知られる。

D14 萱島酒造 住宅把離れ

 

主屋の東南に近接して建つ木造平屋建,入母屋造の建物。軒廻りや妻壁を漆喰仕ょげとし、南面及び酉面に庇を付加して広縁をとる。内部の造作は丁寧で、全体として保存も良い。明治期の雛れ座敷の好例であり、南面の庭園とー体的に構成されている。

D15 旧有永邸 主屋

 

幕末期の惣代庄屋を勤めた下岐部村の有永三郎の屋数で,主屋は敷地のほぼ中央に西面して建つ。木造2 階建,緩くムクリをつけた豪放な入母屋造りで,四周に庇を廻し,内部は6 間取形式をとる。階下は資料館として、階上はギャラリーとして活用されている。

D16 旧有永邸 主屋

 

主屋の東南方に位置し,主屋南東端の客用風呂場から渡り廊下により連絡する。木造2 階建、南北棟の寄棟造、桟瓦葺の離れで、亀甲積石垣を基礎として建ち、階下は土間とし、階上に6 畳・10畳・8 畳の3 室を設け、研修室・集会室等に利用されている。

D17 旧有永邸 蔵

 

主屋のシモテ、通土間部の東方に位置し、敷地境に積まれた低い石積擁壁の上に建つ木造2 階建、南北棟の寄棟造、桟瓦葦で、階下は収蔵庫、階上は展示室として利用が図られてる。階上は展示室として利用が図られている。階上は東面の開口部から判断して居室であったと推測される。

D18 旧有永邸 馬屋

 

主屋の北方、通用門から石往の東門へと通り抜ける通路を隔てて南面して建つ。東西棟、切妻造り、桟瓦葺の細長い建屋で、南と西の2面に吹放ちの土間を廻す。現在は、西方を便所、中程を物屋品販売所、東方をレストランに改造して積極的な活用が図られている。

D19 重光家  住宅主屋

 

国見町東端に位置する向田地区に建つ。木造平屋建、入母里造りの主体部の南西郎から土間玄関・帳場を南方に突出させ、入母屋破風を重ねた重厚な構えをとり、北西隅の台所には明取りを兼ねた特徴ある宝形屋根を載せる。設計は国東町出身の吉武東里。
 

文化財インデックス

地区トップ


このページの先頭へ
前のページに戻る