ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

教育長の部屋(2014年10月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月17日更新

『教育長就任4ヶ月を経過して』

■教育長就任は5月19日。早いもので4ヶ月が過ぎてしまいました。この間、9月29日に私ども教育委員会部局の職員が破廉恥な事件を起こしてしまい、市民の皆様に屈辱的なご迷惑をおかけしましたこと、心からお詫びを申し上げます。

 10月1日、教育委員会として「不祥事再発防止全員集会」を研修を交えて開催し、今後は市民の信頼を取り戻すべく、市職員一同、綱紀粛正に努め公務にまい進することを確認したところです。あらためまして心からお詫びを申し上げます。

■さて、教育長に就任して以降、市内各地域のいろいろなイベント、祭り、地域行事等にできる限り参加をさせていただいております。私は国東市生まれではありますが、高校卒業後は他県、他市に出ていた期間の方が長いこともあって、恥ずかしながら、わがふるさとのことについてあまり知らない自分に気づかされています。

 中でも、各地域の「文化財愛護少年団」の地域活動・行事参加の様子を見るにつけ、子どもたちと地域のおとなたちが地域の文化や伝統行事を地道ながら継承していることに大きな感銘を受けました。現代っ子は「耐性」がないと指摘されますが、国東の子どもたちが地域の方々の教えによって長い期間、練習を重ね、当日も堂々と伝統芸能を披露しているのを目の当たりにして、涙の出る思いがしました。国東の子どもたちに「耐性」が育てられている証拠として、誇らしく思いました。

■こういった「私が見た子どもたちや学校の様子」、「私の教育観」、「現在の教育界の流れ」等について、遅ればせながら8月から「教育長つうしん」という形で学校現場の教職員にも読んでもらっています。今後は、その「つうしん」の中から、この「教育長の部屋」でも紹介していきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いいたします。 

椿八幡

⇑椿八幡社(武蔵町


このページの先頭へ
前のページに戻る