ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長プロフィール・あいさつ > 市長コラム > 市長コラム 第5号「早すぎる立夏」

市長コラム 第5号「早すぎる立夏」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月21日更新

 今日は5月5日。こどもの日です。数日来のメイストームも収まり、今日は早朝から青空が広がり、素晴らしい五月晴れです。でも気温は少し低く、肌寒いほどです。

 ところで、今日は「立夏」、暦の上では今日から夏だそうです。いやいやちょっと待ってよ。確かに、特に今年は、寒暖の差が激しく、既に夏日、真夏日を記録したところもあるでしょうが、今日から夏というのは、どうもね。まだ、肌寒いじゃないですか。

 また、一方で5月1日からクールビズが始まっているんですよ。1日に出勤してみると職員がノーネクタイなので驚きましたが、少し早いんじゃないですか。私も、首を絞めるネクタイは、好きな方ではないですが、それでも公務員や会社員のユニフォームと思っていますので、ネクタイにスーツは、多少の暑さ寒さには関係なく着ています。

 「立夏」は陰暦の二十四節気のひとつだそうですが、今日から夏が始まると言っても日本の季節には合っていないように思います。日本では、この後梅雨に入り、梅雨が明けたら「いよいよ夏だなあ。」という感じですからね。季節感と暦が合わない様な気がします。

 それでも今日は良い天気。昨日耕した畑に遅れていたスイカとトマトの苗を植えましょう。開墾地の草も刈りましょう。明後日からは、また忙しくなりますから。
 

国東市長 三河 明史

 


このページの先頭へ
前のページに戻る