ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市長活動記録(2月分)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月30日更新

世界農業遺産研究発表会・意見交換会

 2月4日(日曜日)、国東市役所にて世界農業遺産の研究発表会が行われました。国東半島・宇佐地域の循環型農業の仕組みが世界農業遺産に認定されて5年目を迎えるにあたり、4人の研究者を招いての研究発表、また市民の方も交えての意見交換会が開催されました。

 同志社大の有井教授と名古屋経済大の佐野准教授は国東市明治の農地面積の減少についてや、市内の農業集落の高齢化の速さについて発表し、これからの里山の維持管理への影響等について警鐘を鳴らしました。

 国東市が世界農業遺産に認定されてから、民間でも活発な活動が展開されており、発表会後の討論会では、今後の活動等について研究者を交えての有意義な討論ができたようです。

 今後もより広く、大きな活動になっていくことが期待されます。

(1)会場の様子(2)意見交換会の様子
写 真
農業遺産①農業遺産②

 

平成29年度第1回 国東市市政懇話会

 2月13日(火曜日)、ホテルベイグランド国東にて平成29年度第1回国東市市政懇話会が開催されました。今回は「農業団地の現状と今後の産品作りについて」、「国東市における芸術文化活動の今後の方向性について」の2議題についての議論が交わされました。

 農業団地については、委員からは、「産品作りについては、企業単位で生産者が違っても、ブランドは統一されていたほうが良い」、「国東市の農産物は質は比較的高いが、量が少ないのが問題」といった意見が出され、芸術文化活動については、「ペトロ岐部をもっと対外的にアピールしてもよいのではないか」といった意見が出されました。

 委員の方々からは他にも多くの意見、提言をいただきました。今後の市政に活かしていかねばなりません。

(1)会場の様子(2)委員の皆さまと市長、副市長、教育長
写 真
懇話会①懇話会②

 

福祉巡回車両贈呈式

 2月15日(木曜日)、大分市の県総合社会福祉会館で福祉巡回車両の贈呈式がありました。これは、一般社団法人「生命保険協会大分県協会」が毎年、会員からの募金を募り車両を購入し、県内の社会福祉協議会へ寄贈を行っているもので、今回は、国東市と津久見市の社会福祉協議会へ贈呈されました。

 三河市長は、国東市社会福祉協議会の会長を務めており、今回、国東市社協を代表して受け取りました。寄贈された車両は市内で地域の見守り活動等に利用される予定となっております。

(1)贈呈式の様子(2)車両と記念撮影
写 真
贈呈式①贈呈式②

 

平成30年2月分 市長主要スケジュール

 以下に2月の市長の主なスケジュールを添付しております。

 市民の皆さんからご案内いただいた行事や、各種会議などについてご確認ができますのでご覧ください。

 また、ご案内をいただいたにも関わらず、他の公務との都合により、参加がかなわなかった行事も多々ございます。

 ご案内をいただきました皆さんには、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 ※来客や各課との協議については省略しております。

【平成30年2月】市長主要スケジュール [PDFファイル/172KB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ
前のページに戻る