ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財課 > 「くにさきの鬼」をテーマにしたストーリー『鬼が仏になった里「くにさき」』が日本遺産に認定されました!

「くにさきの鬼」をテーマにしたストーリー『鬼が仏になった里「くにさき」』が日本遺産に認定されました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月31日更新

日本遺産の概要写真

日本遺産に認定!!
『鬼が仏になった里「くにさき」』

 国東市・豊後高田市には古くより人と鬼が長年の友のようにつながれる稀有な文化があります。このような「くにさきの鬼」をテーマとしたストーリー『鬼が仏になった里「くにさき」』が、平成30年5月24日(木)に日本遺産に認定されました。
 大分県内では3件目の認定となります。今後は日本遺産の認定を活かした、観光振興・地域振興などに取り組んでいきます。

ストーリー概要

 「くにさき」の寺には鬼がいる。一般に恐ろしいものの象徴である鬼だが、「くにさき」の鬼は人々に幸せを届けてくれる。
 おどろおどろしい岩峰の洞穴に棲む「鬼」は不思議な法力を持つとされ、鬼に憧れる僧侶たちによって「仏(不動明王)」と重ねられていった。「くにさき」の岩峰につくられた寺院や岩屋を辿れば、様々な表情の鬼面や優しい不動明王と出会え、「くにさき」の鬼に祈る文化を体感できる。
 修正鬼会の晩、共に笑い、踊り、酒を酌み交わす――。「くにさき」では、人と鬼とが長年の友のように繋がれる。


日本遺産の概要写真

 

申請ストーリー [PDFファイル/2.11MB]

構成文化財一覧 [PDFファイル/589KB]

国東市構成文化財写真 [PDFファイル/3.13MB]

豊後高田市構成文化財写真 [PDFファイル/3.67MB]

日本遺産(Japan Heritage)とは

 平成27年度に創設された制度で、地域の有形・無形の文化財をパッケージ化し、歴史的魅力や特色を通じて日本の文化や伝統を語るストーリーを文化庁が認定するもので、国内外に戦略的に発信することにより、地域の活性化を図ることを目的としています。
 文化庁では、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに全国で100件程度の認定が予定されています。平成30年5月現在、67件の日本遺産が認定されています。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ
前のページに戻る