ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財課 > 平泉交流事業特別講演会「行者の行く道 平泉から国東へ ~平泉を育む六郷の山~」

平泉交流事業特別講演会「行者の行く道 平泉から国東へ ~平泉を育む六郷の山~」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月12日更新

平泉特別交流講演会
平泉交流事業特別講演会 ポスター [PDFファイル/1018KB]

平泉交流事業特別講演会

 奥州藤原氏が、平安の世に紡いだ「皆金色」の文化は、現在も中尊寺金色堂に伝えられています。その輝く御堂は浄土を表したものとされ、平安時代の末に流行した浄土信仰の強い影響を受けています。
 国東半島の六郷山寺院も平泉の中尊寺や毛越寺と同じく天台宗寺院であり、その独特の仏教文化が、今年「鬼が仏になった里『くにさき』」として日本遺産に認定されました。
 平成23年に世界遺産になった平泉町も文化遺産を活かしたまちづくりをテーマとしており、今回、その魅力を余すところなくお伝えするため平泉交流事業特別講演会を開催します。
 

演題・講師

演題:「行者の行く道 平泉から国東へ」 ~平泉を育む六郷の山~

講師:平泉町まちづくり推進課 課長 八重樫 忠郎(やえがし ただお) 氏
 

開催日時

平成30年9月22日(土) 午前10時~

場所

国東市総合文化センター アストくにさき マルチホール

その他

入場無料

第5回歴史講座について

 同日に第5回歴史講座を開催します。

※歴史講座生を随時募集していますので、歴史講座にご登録いただければ、翌月の歴史講座の案内をハガキ等で送らせていただきます。講座登録ご希望の方は、当日受付でお申し出ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ
前のページに戻る