ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 国東保健センター(医療保健課) > 熱中症の一時休憩所を設置しています

熱中症の一時休憩所を設置しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月11日更新

熱中症の一時休憩所を設置しています

熱中症は全国的に年間50,000人が発症し、死亡者は約1,000人(H27年度)となっています。国東市でも昨年度14名の方が救急車で搬送されており、7月から9月の時期は注意が必要です。下記の場所に熱中症の一時休憩所を設置していますので、ぜひご利用ください。

熱中症の一時休憩所の設置場所

〇国東市役所本庁舎
〇各総合支所
〇国東保健センター
〇武蔵保健福祉センター
〇アストくにさき
〇サイクリングターミナル

一時休憩所画像

熱中症予防のポイント

(1) 高齢者はこまめにエアコンを使いましょう。
(2) 暑くなる日はエアコンの効いた室内など涼しいところに避難しましょう。但し、冷やしすぎには注意しましょう。
(3) のどが渇く前に水分をこまめに補給しましょう。
(4) めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状があらわれ、体調が「おかしい!?」と思ったらすぐ病院へ行きましょう。
(5) 周りの人にも声掛けを行い、熱中症を予防しましょう。


このページの先頭へ
前のページに戻る