ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

吉弘楽

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月25日更新

吉弘楽 吉弘楽

吉弘楽(よしひろがく)は、国東市武蔵町の「楽庭八幡社」に伝わる舞楽で、五穀豊穣、虫害防除の祈祷(昔は武運長久・ 戦勝祈願)のため、毎年7月の第4日曜日に行われます。

南北朝の時代に領主吉弘正賢公が戦勝や五穀豊穣を祈願して始めたとされ、太鼓を打ち鳴らしながら踊る「太鼓踊り」で念仏踊りの系譜を引く芸能で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

総勢49人の楽人が古式ゆかしい兜や腰蓑を着け、太鼓や笛、鉦を打ち鳴らす勇壮な楽打ちが一時間以上にわたって繰り広げられます。

 

開催日時

平成30年7月22日(日曜日) 

1回目  10時

2回目  14時

開催地

国東市武蔵町吉広  「楽庭八幡社」(がくにわはちまんしゃ)

問い合せ先

国東市文化財課  0978-72-2677

 

吉弘楽のパンフレット表面です。

 

吉弘楽のパンフレット裏面です。

 

★パンフレットの拡大はこちらから★ [PDFファイル/2.37MB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ
前のページに戻る