ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 契約検査課 > 平成31年度以降の「解体工事」に関する入札参加資格の取り扱いについて

平成31年度以降の「解体工事」に関する入札参加資格の取り扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月10日更新

 

 平成28年6月1日に建設業許可業種に「解体工事」が追加され、それに伴い3年間は「とび・土工工事」の許可で引き続き

「解体工事」を行うことができる経過措置が設けられました。この経過措置は平成31年5月31日までであり、経過措置終了

後には、「とび・土工工事」の許可では「解体工事」を行うことはできません。

 本市においても平成31年6月以降の「解体工事」の発注については、「解体工事」の競争入札参加資格の認定を受けてい

る方を対象とします。

 そのため、現在解体工事の競争入札参加資格の認定を受けていない方で、平成31年4月以降の「解体工事」の競争入札

参加資格を希望される方は「解体工事」建設業許可を取得し、同工種の経営事項審査を受け、本市に「平成31年度 競争入

札参加資格審査」の申請を行う必要があります。

 

※申請書受付期間につきましては、後日、国東市ホームページでお知らせする「平成31年度 競争入札参加資格審査申請

書の受付について」のとおりとします。

 

 


このページの先頭へ
前のページに戻る