ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 政策企画課 > 新市建設計画を変更しました

新市建設計画を変更しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

 平成18年2月に合併前の東国東4町合併協議会が策定した新市建設計画の一部を変更しました。

1.変更の理由

 新市建設計画の計画期間は、平成18年度から平成27年度までの10年間となっており、国東市では本計画に基づき、合併特例債等を活用して事業を実施しています。

 平成24年6月に「東日本大震災に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律」が施行され、合併特例債を起こすことができる期間が5年間延長されたことから、現在実施中の事業の着実な推進と、今後合併特例債の活用が見込まれる事業の財政負担の軽減を図るため、計画期間を平成32年度まで延長します。

 また、平成26年度の第2次国東市総合計画の策定に伴い、整合を図るために内容の一部を変更しております。

※計画の変更については、平成28年3月議会へ提案し、議決されました。

 

2.主な変更点

(1)上位計画との整合

  平成26年度に策定した第2次総合計画との整合

(2)計画期間の変更

  【変更前】平成18年度~平成27年度(合併後10年間)

  【変更後】平成18年度~平成32年度(合併後15年間)

(3)各種統計及び推計の見直し

  各種統計において最新の数値に更新

  各種推計期間について計画期間の平成32年度まで変更

  上記変更に伴う表やグラフの変更

(4)公共施設の管理について

  本庁舎建設による旧庁舎の解体等を含む今後の公共施設の管理等について変更

(5)主要事業の見直し

  各施策における主要事業の新規・変更・廃止

(6)財政計画の変更

  計画策定時の推計値を実績値に修正し、延長した期間について新たに推計

 

3.変更の公表

 変更後の計画等、詳細については、以下のダウンロードファイルをご参照下さい。

 国東市新市建設計画 [PDFファイル/4.27MB]

 新旧対照表 [PDFファイル/2.31MB]

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ
前のページに戻る