ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 高齢者支援課 > 介護予防・日常生活支援総合事業のサービスコードが移行されます

介護予防・日常生活支援総合事業のサービスコードが移行されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月19日更新

訪問型サービスと通所型サービスのサービスコードの移行

平成30年3月31日で、介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)のみなし指定有効期間が終了したことに伴い、訪問型サービス種類コードA1および通所型サービス種類コードA5が廃止となります。

平成30年4月サービス分からの請求については、A2、A6コードに統一されます。


(訪問型サービス) A1コード ⇒ A2コード
(通所型サービス) A5コード ⇒ A6コード


A1、A5コードで請求していた事業者は、下記に掲載している単位数表マスタインタフェースをダウンロードしてください。

○総合事業サービスコード表(H30.4月施行・表紙) [PDFファイル]

  総合事業サービスコード表(生活機能向上型・A2)[PDFファイル]

  総合事業サービスコード表(予防型・A3) [PDFファイル]

  総合事業サービスコード表(自立生活支援型・A6) [PDFファイル]

  総合事業サービスコード表(予防型、特化サービス・A7)[PDFファイル]

 

事業所向け単位数表マスタインタフェース

●国東市介護予防・日常生活支援総合事業単位数表マスタインタフェース(A2・A3・A6・A7) [その他のファイル]

 A2・A3・A6・A7のサービスを実施する事業者は、こちらの単位マスタをダウンロードしてください。

 ※上記のファイル形式はzipファイルです。

【ご注意】 

総合事業については、市町村によってサービスコード、基準等が異なりますので他市町村の被保険者(住所地特例者を除く。)に対して、サービスを提供する場合は、当該市町村の設定するサービスコードを使用することとなります。

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ
前のページに戻る