ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育総務課 > 安岐中央公民館ホール実施設計について

安岐中央公民館ホール実施設計について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月28日更新

安岐中央公民館ホール(仮称)実施設計について

 この実施設計は平成30年3月に完成した安岐中央公民館ホール(仮称)基本設計に基づき、設計内容をとりまとめたものです。

【基本コンセプト】
・安岐中央公民館ホールの基本理念である『市民が集う芸術文化とまちづくりの創造拠点』となるよう、育てる・伝える・創る・交流する の4点を目標に幅広い多目的対応の出来る施設とし、シンプルで使いやすい計画とします。
・既設の安岐総合支所と調和のとれた外観とし、両施設が互いに連携し機能出来る施設とします。
・障がい者や高齢者、子ども、子ども連れの方など、誰もが快適で安全に施設を利用できるよう、十分に配慮した計画とします。
・多様な利用を確保した上で、外部への騒音や振動への対策を図ります。
・イニシャルコスト・ランニングコストを低減し省エネルギー施設を目指します。

1 安岐中央公民館ホール(仮称)実施設計について

 実施設計の概要は以下のとおりです。

安岐中央公民館ホール(仮称)実施設計書(概要版) [PDFファイル/825KB]

2 スケジュール(予定)

H30  12月 安岐中央公民館ホール(仮称)駐車場工事 完成
H31   4月 安岐中央公民館ホール(仮称)工事 着工
H32   2月 安岐中央公民館ホール(仮称)建設工事 完成

3 概算事業費について

(1) 本体工事費:予算額 約6億円(工事管理費を含む)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ
前のページに戻る