ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民健康課 > マイナンバー制度

マイナンバー制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月12日更新

マイナンバー制度

マイナンバーは各機関が分散管理する個人情報をつなぐ役目を果たします。
これによって国や地方公共団体等における情報連携が可能となる予定であり、さまざまなメリットをもたらします。
※マイナンバー制度の開始に伴い、職場や行政手続などの際にマイナンバーの提示をもとめられることがあります。

通知カード

通知カードについて

マイナンバーと4情報(氏名・住所・生年月日・性別)が記載されています。
通知カード
通知カードは「地方公共団体情報システム機構」が作成し、住民票の住所宛に送付しています。
通知カードは公的身分証明書ではありません。

通知カードを受け取れなかった方

あて所不明・郵便局での保管期間経過・受取拒否等の場合、通知カードは市役所市民健康課に
返戻されます。返戻された通知カードは一定期間、国東市役所本庁もしくは地域総合支所で保管しております。

通知カードの再発行

通知カードを紛失・汚損した場合、再発行の申請が可能ですが、即日発行はできません。
後日、地方公共団体情報システム機構より住民票の住所宛に簡易書留にて送付します。
再発行の手数料は500円です。至急、マイナンバーの確認が必要な方は、マイナンバーの記載された
住民票の写しの取得ができます。

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードについて

希望する方は、マイナンバーカードの申請ができます。
マイナンバーカード
マイナンバーカードは、社会保障分野や税分野等におけるマイナンバーの
提示が必要な場面で、国の行政機関や地方公共団体、健康保険組合、勤務先、金融機関などに対し、
マイナンバーと身元を証明する書類として利用できます。

マイナンバーカードの申請

郵便やパソコン・スマートフォンで申請ができます。都合のよい方法をお選びください。(初回申請は無料です。)
申請方法について、詳しくは下記のページをご覧ください。

    ※J-LIS 地方公共団体情報システム機構

マイナンバーカードの受け取り

申請者に対して、交付通知書をお送りしています。受け取り方法・交付場所等は、交付通知書に記載されています。

マイナンバーカードの有効期限

発行日に20歳以上の方 発行日から10回目の誕生日まで
発行日に20歳未満の方 発行日から 5回目の誕生日まで
※外国人の方は在留期間の満了日までとなります。

マイナンバーカードと住民基本台帳カード

住民基本台帳カードの発行は、平成27年12月22日で終了しました。
ただし、すでに住民基本台帳カードを所持されている場合は、有効期限までは使用できます。
電子証明書も有効期限までは使用可能ですが、更新はできませんので、マイナンバーカードに切り替える必要があります。

マイナンバー制度のホームページ

総務省のホームページ

「マイナンバー制度と個人番号カードのご案内」

地方公共団体情報システム機構

「個人番号カード総合サイト」

内閣官房社会保障改革担当室ホームページ

「社会保障・税番号制度」

マイナンバーに関するコールセンター(お問い合わせ先)

(受付時間) 【平日】 9時30分~20時 【土日祝】 9時30分~17時30分 (年末年始12月29日~1月3日を除く)         
                     マイナンバー総合フリーダイヤル  Tel : 0120-95-0178 (無料)

        ※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)
           ○マイナンバー制度に関すること          Tel : 050-3816-9405
           ○「通知カード」「個人番号カード」に関すること  Tel : 050-3818-1250

        ※英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル
           ○マイナンバー制度に関すること          Tel : 0120-0178-26
           ○「通知カード」「個人番号カード」に関すること  Tel : 0120-0178-27

通知カード・個人番号カードのお問い合わせ先

国東市役所市民健康課戸籍住民係 Tel 0978-72-5166
国見総合支所地域市民健康課    Tel 0978-82-1112
武蔵総合支所地域市民健康課    Tel 0978-68-1112
安岐総合支所地域市民健康課    Tel 0978-67-1114 

このページの先頭へ
前のページに戻る