ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 活力創生課 > 平成30年度国東市まちづくり公募補助金公開プレゼンテーション審査結果について

平成30年度国東市まちづくり公募補助金公開プレゼンテーション審査結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月8日更新

平成30年度国東市まちづくり公募補助金公開プレゼンテーション審査結果

4月22日(日曜日)に開催されました平成30年度国東市まちづくり公募補助金公開プレゼンテーションの審査結果が

まとまりました。

【審査委員】(敬略称、順不同)
段上達雄(別府大学文学部教授)
金谷俊樹(おおいたツーリズム大学アドバイザー)
宮脇恵理(ミヤシステム株式会社常務取締役)
鈴木邦彦(大分県東部振興局地域振興部長)
富永六男(国東市副市長)

審査会1

審査会2

審査の結果、応募された3団体がすべて採択となりました。1団体あたり上限20万円の補助が行われます。

市民の皆さんには、各団体への協力や事業への参加により、国東市を一緒にもりあげていただきますよう、よろしく

お願いいたします。

また、今年度は応募が少なかったのですが、地域活性化に向けて事業を試みている方、今現在やっていることをもう

一つ発展させてみたい方等、来年度の実施に向けて是非とも「まちづくり公募補助金」の活用をご検討ください。

 

平成30年度採択された団体の事業概要については、以下のとおりです。

団体名計画事業名事業の内容
採択事業

小城里山を守る会

小城里山を守り、地域を活性化する事業

地域資源を活用し、観光ウォーキングコース、トレッキングコースの整備を行い、地域内外の方への“おせったい”のおもてなし事業を展開する

国東市商工会青年部

くにさき親子竹馬教室&竹馬大会大分県が竹の産地であることを利用し、子どもから高齢者まで三世代間の交流ができる竹馬づくり、竹馬大会を開催する
おんどが旭日SUN

朝日の名所づくり

旭日地区地域活性化事業

現在行っている重藤海岸での初日の出鑑賞会に加え、祇園山からの初日の出鑑賞会実施を目指す。旭日地域を日の出の名所とし、交流人口の増加、地域の活性化に貢献する

 

 


このページの先頭へ
前のページに戻る