ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 社会教育課 > 人権フェスティバルを開催しています

人権フェスティバルを開催しています

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月9日更新

 国東市では、あらゆる差別をなくし、人権が尊重されるまちづくりを進めるために、市内4町ごとにまちづくり部会を設置して、人権フェスティバルを開催しています。
 それぞれの人権フェスティバルでは、地元小・中学生の人権作文の発表、地域の取り組みの発表のほか、児童生徒の人権ポスター、書写・書道、人権標語等の作品展示、さらに、県内外から著名な講師をお招きして人権講演会を開催することなどで、一人でも多くの方々に参加していただき、人権を身近に感じるとともに、人権問題についての理解を深めていただきたいと考えています。
 今年度は、武蔵町、安岐町の人権フェスティバルが多くの市民の皆さんの参加を得て、好評の内に終了いたしましたが、平成31年1月から2月にかけて国東町、国見町の人権フェスティバルが開催されます。多くの市民の皆さんのご参加をお待ちしております。


 

第10回国東町人権フェスティバル

 

テーマ

広げよう 人権のこころ

 

サブテーマ


声かけて 笑顔のわたげ とんでゆけ

 

講 演


演題:「身のまわりのあたりまえを疑ってみよう」

講師:部落問題学習ネタつくろう会

    代表 星野 勇悟 さん


<紹介>

 星野さんは、大阪府の小学校教員である傍ら、部落問題学習ネタつくろう会の代表を務めており、自身の部落問題学習の実践をもとにした書籍を発刊するなど、部落問題をはじめとする人権課題に迫る実践を続けています。
日々の深く確かな実践をもとに、本人の辛い経験をも笑いにかえて、差別に対する怒り、子どもに対する熱い思いを語りながら、ポジティブなメッセージを送ってくれます。

 

プログラム


◆アストホール
  

 ・開会(9時30分より)

 ・小中学生による人権作文朗読発表

 ・国東中学校1年生・音楽部による発表

 ・講演 演題:「身のまわりのあたりまえを疑ってみよう」

       講師:部落問題学習ネタつくろう会 代表 星野 勇悟 さん

 

◆アストロビー


 国東町内小中学校
 児童生徒人権作品等展示<期間:1月7日(月曜日)~1月25日(金曜日)>


主 催


国東市人権・同和教育啓発推進協議会、国東町人権フェスティバル実行委員会

第10回国東町人権フェスティバル

このページの先頭へ
前のページに戻る