ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 社会教育課 > 【国民文化祭】ペトロ・カスイ岐部神父列福10周年記念事業として4イベント開催します

【国民文化祭】ペトロ・カスイ岐部神父列福10周年記念事業として4イベント開催します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月20日更新

 第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会「祈りの谷」国東市 ペトロ・カスイ岐部神父列福10周年記念事業として絵画展・演劇・コンサート・シンポジウムを開催します。

ペトロチラシ

ペトロ・カスイ岐部神父列福10周年記念事業4イベントチラシ [PDFファイル/2.31MB]

【絵画展】ペトロ岐部と187殉教者列福10周年記念 ペトロ・カスイ岐部奇跡の生涯展

 鎌倉市在住で、村田良策記念アトリエM主宰、日本美術家連盟会員、鎌倉美術連盟代表の洋画家で、キリシタン歴史画を35年にわたり描き続けている、村田佳代子氏の「ペトロ・カスイ岐部の生涯」をテーマにした油彩画作品全30点を展示。その他、フランシスコ教皇からの手紙も展示。

展示期間:平成30年10月13日(土曜日)~平成30年11月11日(日曜日)
       ※休館日なし

開館時間:10時00分~18時00分

会場:アストくにさきマルチホール

料金:入場無料

●オープニングセレモニー:平成30年10月13日(土曜日)10時00分開始より
●フィナーレ式典       :平成30年11月11日(日曜日)10時00分開始より

【演劇】遥かなる海の讃美歌~ペトロ岐部物語~

 はるか戦国末期、歩いてローマを目指し、日本人としてはじめてエルサレムを訪れたペトロ岐部。その波乱に満ちた生涯が演劇として蘇りました。
 劇団青年座の指導・演出・客演による、ワンランク上の市民演劇をお届けします。

 青年座映画放送(株)の全面協力により、国東市を中心とした市民のみなさんによる、まったく新しい演劇が完成しました。波乱に満ちた運命に翻弄されながらも、理想に燃えるペトロの力強い生きざまと、彼の出会う様々な人々の姿を描いた、国東発信の人間ドラマです。

日時:平成30年10月14日(日曜日)13時00分開場/14時00分開演

会場:アストくにさきアストホール

料金:入場無料(入場整理券が必要)

 プログラム

演劇公演14時00分~15時30分

パネルディスカッション15時40分~16時20分 【テーマ】縁の下の力持ち、舞台を支える裏方たち

出演者等

出演:劇団青年座、国東演劇講座受講者
作:岩豪友樹子/演出:磯村純(劇団青年座)/音楽・振付:JapanGypsy/音響・効果:坂口野花/美術:阿部一郎/照明:鷲崎淳一郎/衣装:柿野あや、竹林玲子
製作:第33回国民文化祭、第18回全国障害者芸術・文化祭国東市実行委員会/プロデューサー:石井美保子、升本由喜子
協力:国見歌舞伎保存会

【コンサート】日本のマルコポーロ、福者ペトロ・カスイ岐部の足跡を音楽で辿る

 キリシタンの歴史画を35年にわたり描き続けている洋画家・村田佳代子の企画・演出によるオリジナルのコンサート。1614年長崎を出発、ペトロが目指したローマ、当時のヨーロッパは歴史の大きな転換期にあった・・・。今ペトロが天国で出会う歴史のエピソードを演奏と語りで紹介するコンサート。

日時:平成30年11月10日(土曜日)13時30分開場/14時00分開演

会場:アストくにさきアストホール

料金:入場無料(入場整理券が必要)

※お席を必要とするお子さまにも、1名につき1枚の整理券が必要です。
※0歳児から入場可能です。周りのお客様へのご迷惑となるような場合は、ロビーに出るなどしてお子様の気分転換をお図りいただきますよう、ご協力をお願いいたします。
※託児所も準備しています。

出演者等

ソプラノ/村田望、バリトン/竹村淳、ピアノ/中澤美紀、ヴィオラ・ダ・ガンバ/なかやまはるみ
キャスト/宇都宮紗智子
企画/スタジオ エスポワール
作・演出/村田佳代子

曲目

天の百合
カッチーニのアヴェ・マリア
オペラ「オテッロ」より イヤーゴの信条
アマリッリ
トルコ行進曲(モーツァルトvsベートーヴェン)
ミュージカル「王様と私」より 口笛ふいて/ハロー、ヤング ラバーズ!/パズルメント/仲良くしましょう/シャル ウィ ダンス?/サムシング ワンダフル ほか

【シンポジウム】ペトロ・カスイ岐部神父列福10周年記念シンポジウム

日時:平成30年11月18日(日曜日)12時30分開場/13時00分開演

会場:国見生涯学習センター みんなんかんホール

料金:入場無料(入場整理券が必要)

※お席を必要とするお子さまにも、1名につき1枚の整理券が必要です。
※0歳児から入場可能です。周りのお客様へのご迷惑となるような場合は、ロビーに出るなどしてお子様の気分転換をお図りいただきますよう、ご協力をお願いいたします。
※託児所も準備しています。

プログラム

13時00分 主催者挨拶

13時15分 基調講演 講師:村田佳代子
       演題:ペトロ岐部の生涯から現代社会が学ぶべき事柄

14時20分 蔵本和美 独唱「道標」 作曲者:船村徹

14時25分 村田望 ミニコンサート ピアノ:大橋葉月
       曲目:星に願いを、虹のかなたに、スタンド アローン、翼/小さな空、
           子守歌メドレー(タウベルト~シューベルト~モーツァルト~ブラームス) ほか

15時15分 発表 地元双国校生による発表(小学生のとき教皇へ手紙を送った生徒)

15時20分 講演 講師:田本政宏先生(大分県立国東高等学校双国校教諭)
       演題:不撓のパードレ(神父)ペトロ岐部カスイ

エクスカーション「浦辺の伝キリシタン遺産めぐり」~ペトロのふるさと探訪~

日時:平成30年11月18日(日曜日)

募集人員:40名 

参加費:無料※弁当の注文承ります。(弁当700円)お茶は各自で

申込期間:平成30年8月17日(金曜日)~平成30年10月31日(水曜日)まで
       ※先着順。定員に達した場合、申込期間中であっても受付を終了いたします。

申込先:NPO法人国東半島くにみ粋群
           大分県国東市国見町伊美3884番地(国見B&G海洋センター内)※月曜日休館
     TEL・FAX 0978-82-0770
          e-mail kunimisuigun@hop.ocn.ne.jp

スケジュール

9時00分  国見B&G海洋センターで受付開始
9時30分  エクスカーション
11時45分   昼食 

コース

ペトロ・カスイ岐部神父記念公園→城山説教壇→岐部社→櫛来城山墓地→伝オメガ修道士像→伝INRI祭壇石→国見B&G海洋センター

※コース中はマイクロバスにて移動します。
※昼食後、各自の車でシンポジウム会場へ移動(国見生涯学習センター)。
※シンポジウム入場整理券は、エクスカーション受付時にお渡しします。

 

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ
前のページに戻る