避難基準

■地震・津波避難情報

避難措置区分 発令の目安 とるべき避難行動
避難準備情報
  • 震度4以上の地震が発生したとき
  • 気象台から津波注意報が発表されたとき
沿岸部の方は、沿岸に近づかないよう注意してください。
避難勧告
  • 震度4以上の地震の後に余震が続き、がけ崩れや建物の倒壊等の被害発生のおそれがあるとき
  • 気象台から津波警報が発表され、被害が発生するおそれがあるとき
  1. 避難行動に時間のかかると考えられる方々(要配慮者など)は、避難行動を開始してください。
  2. それ以外の方は、いつでも避難ができるよう、直ちに避難の準備をしてください。
  3. ラジオやテレビの放送、防災行政無線や広報車などによる連絡に注意しましょう。
  4. なお、震度5以上の地震が発生した場合は防災行政無線、ケーブルテレビ、広報車等を用いて注意を呼びかけます。
避難指示
  • がけ崩れや建物の倒壊等の被害発生のおそれがあり、緊急避難の必要があるとき
  • 気象台から大津波警報が発表されたとき
お互い助け合って、指定された避難場所に緊急に避難してください。