避難行動要支援者とは

避難行動要支援者とは、国東市に居住する要配慮者のうち、災害が発生し、又は災害が発生するおそれがある場合に
自ら避難することが困難な者であって、その円滑かつ迅速な避難の確保を行うために特に支援を要するものの総称です。
避難支援ができる方は、避難時を想定し、円滑に支援できるように心がけましょう。

 

イラストパンフレットより
国東市での対象は、下記のとおりです。


安全な避難のための備えについて

緊急時に安全な避難が行えるための、日頃からの備えと心がけについてチェックしておきましょう

隣近所や地域との連携

  • 最寄りの民生委員児童委員や自主防災組織のリーダーが誰であるかを把握しておきましょう
  • 地域の様々な組織や団体と日ごろから交流し、コミュニケーションを密にしておきましょう
  • 国東市や各地域で実施する防災訓練等に積極的に参加しましょう
  •  

    支援内容の伝達

  • 緊急時に援助を必要とする時は、どのような支援が必要かをカード等に記載し、いつでも周囲の人に渡せるようにし
      ておきましょう
  •  

    避難経路の確認

  • 自宅から避難所までの経路を事前にチェックし、家族や支援者と実際に通ってみましょう
  • 避難経路に注意するべき場所や障害物があれば、市や施設の管理者に連絡しておきましょう
  •  

    非常持ち出し品の準備

  • 災害時に備えて非常持ち出し品等をまとめておき、いつでも携帯できるように出入口付近に備えましょう
  • 特に薬や医療器具等、特別な持ち出し品が必要な場合は、それらが周りの人にも分かるように表示しておきましょう
  •  

    災害に備えた備蓄

  • 飲料水 一人1日3リットルを目安に最低1日分、できれば3日分をペットボトル等の容器に入れて常時用意し、定期
      的に取り換えましょう
  • 食料 缶詰や保存食、菓子などライフラインが途絶えても食べられる食料を最低1日分、できれば3日分を常時用意
      し、定期的に取り換えましょう
  •  

    外出時の備え

  • 外出時に災害にあうことも考えられるため、常に必要事項を記入したカードやブザー等それぞれの状態に応じて必
      要な物を携帯しましょう
  •  

    住宅の安全対策

  • 建物の耐震性を確保するために耐震診断を受け、必要があれば耐震改修や補強を実施します
  • 家具や大型の電気製品は、市販の固定器具で確実に固定し、倒れても被害をうけないような配置にしておきましょう
  • 窓ガラスについては、市販の飛散防止フィルムを貼り付けておきましょう
  • 家具や棚の上に物を置かない、または落下防止等の措置をとっておきましょう