ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > たびさき、くにさき > 企業・団体の方へ > 企業・団体の方へ > 国東市宿泊業共同浴室燃油高騰緊急支援事業補助金について

本文

国東市宿泊業共同浴室燃油高騰緊急支援事業補助金について

印刷ページ表示 更新日:2022年9月21日更新

高騰する原油価格に対して、共同浴室を持つ宿泊施設に燃油代の補助を行います

原油等の価格高騰による維持経費等の増加によって生じる宿泊業共同浴室への影響を軽減し、経営の安定と利用者のへのサービス維持を図るため、燃油代の補助をします。
条件などについては、次のとおりです。

交付対象者

  • 市内において旅館業法第2条に規定するホテル、旅館営業を営んでいる者で、共同浴場施設を所有する施設。
  • 暴力団または暴力団員と密接な関係を有しない者
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく届出を要する事業を行っていない者
  • 公序良俗に反する事業や公的な資金の使途として社会通念上不適切であると判断される事業を行っていない者

対象となる経費

令和4年1月1日から令和4年9月30日の間(補助対象期間)に共同浴室等の利用サービス維持のために購入した、灯油や重油、ガスなどの燃油代購入費用を対象とします。

補助金の額

次の1.から4.までの方法により補助金額を算出します。

  1. 燃油高騰単価(交付の対象月の燃油単価と前年同月の燃油単価の差)に対象月に購入した燃油量を乗じた額の半額(2分の1)を補助金額とします。
  2. 燃油単価には、消費税及び地方消費税にかかる税額を含まない額とします。
  3. 補助金額に1,000円未満の端数が生じた場合には切り捨てるものとします。
  4. 施設において燃油の種類を併用して運営している場合には、燃油の種類毎に補助金額を算出し、1カ月あたり200,000円を上限とします。

補助金額の算出方法

≪例≫施設の燃油種別が重油とガスの併用の場合

算出例(令和4年1月例)

補助対象期間 令和4年1月

燃油種別

(1)LPガス
(2)重油

燃油購入量

(1)5,855
(2)6,000
燃油価格単価 (1)163.6
(2)72
前年同月単価 (1)136.9
(2)58

算出式…燃油高騰単価(燃油価格単価(税抜)-前年同月単価(税抜))×燃油購入量×1/2(千円未満切捨て)

(1) 1月分(LPガス) 24.3円(148.7(税抜)-124.4(税抜))×5,855×1/2=71,000円(千円未満切捨て)
​(2) 1月分(重油) 12.7円(65.4(税抜)-52.7(税抜))×6,000×1/2=38,000円(千円未満切捨て)
・補助金申請額=109,000円となります。

実際には1月から9月まで1ケ月ごとに計算をし、合計したものが補助金申請額です。
※補助金申請については、対象期間内を複数回に分けて申請することも可能です。

詳しい計算例などは燃料費高騰対策補助金交付要領 [PDFファイル/322KB]をご確認ください。

申請手続きなど

申請期日

令和4年11月30日(水曜日)

提出書類等

(1)申請時
交付申請書 [Wordファイル/24KB]

添付書類

  1. 補助額積算説明書(様式第2号)
  2. 誓約書 [Wordファイル/24KB]
  3. 補助対象経費の支払いを証する書類(令和4年1月から9月までに購入した燃油の単価や価格および購入量が記載されたもの)
  4. その他市長が必要と認める書類

(2)交付決定後
交付請求書 [Wordファイル/24KB]
添付書類…交付決定書の写し

様式集(申請書・誓約書・請求書) [Wordファイル/24KB]

手続きの流れ

(1)申請者が観光課へ必要書類をそろえて申請を行う。
(2)観光課で交付の決定を行う。
(3)申請者が必要書類と請求書を観光課へ提出。
(4)観光課より支払い。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)