ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

臨時休校の延長と分散登校等について

印刷ページ表示 更新日:2020年5月7日更新

 国の緊急事態宣言の期間延長や県からの要請等を踏まえて、小・中学校及び義務教育学校において以下の通り対応することとしますのでお知らせします。
 なお、今後の感染状況の変化や国の動向及び県からの要請等により、対応について変更する場合があることを申し添えます。

臨時休業について

小・中学校及び義務教育学校

引き続き令和5月7日(木曜日)から 当分の間とします。

幼稚園

臨時休園とせず、通常どおりとします。

分散登校について

期間

令和2年5月11日(月曜日)の週から
(授業日とはせず、任意の登校日として設定。)

登校時間

2~3時間程度とします。

給食

実施しません。

登校日数

1週間に2回
ただし、最高学年である小学校6年生、中学校3年生、義務教育学校6年生と9年生については、1週間に3回の登校となるように計画します。

「3密」を避けるために

  • マスクの着用(登下校時を含む)
  • 手洗い
  • こまめな換気
  • 毎日の検温

など、万全の感染防止対策を講じます。また、多人数の学校においては学校施設利用方法を工夫することで身体的距離を確保するとともに、児童生徒同士が対面とならないように配慮します。

スクールバスや路線バスを使用しての登校について

 分散登校の実施方法に合わせ、調整を行います。具体的な方法は学校規模やスクールバス等の利用状況等に応じて各学校ごとに決定します。

放課後児童クラブについて

 長期休業中と同様の対応とするよう、教育委員会から要請をしています。ただし、これまでと同様、放課後児童クラブに通所する児童が極力少なくなるよう、可能な方は祖父母や親戚等にご協力いただけるようお願いします。

部活動及び社会体育について

 引き続き当分の間実施しません。