ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

新型コロナウイルスに関する国東市主催イベント等の当面の対応方針

印刷ページ表示 更新日:2020年4月17日更新

新型コロナウイルスに関する国東市の対応方針(イベント)
(市報くにさき4月号掲載)


大分市内の医療機関において新型コロナウイルスのクラスター感染が発生し、感染者が急増したことを受けて、市では新たに「市主催イベント等の当面の対応方針」を下記のように定めました。
市民のみなさまも、市の対応方針を参考にしていただき、引き続き新型コロナウイルスの感染防止にご留意いただきますようお願いします。

市主催イベント等の当面の対応方針

次のいずれかに該当する場合は、当面の間、原則として市主催のイベント等は延期または中止とします。

  • 次の3つの条件が同時に重なるもの
    (1)「換気の悪い密閉空間」
    (2)「多数が集まる密集場所」
    (3)「間近で会話や発声をする密接場面」
  • 参加者が不特定多数と考えられるもの
  • 感染した場合に重症化リスクが高い人(高齢者や糖尿病、心不全、呼吸器疾患等の基礎疾患がある方等)が多く参加すると予想されるもの
  • 食事を提供するもの
  • その他、延期・中止により、市民生活に大きな支障を及ぼさないと判断されるもの

市主催のイベント等を実施する場合は、以下の点に留意して対応します

  • 参加対象者に、発熱や風邪症状等がある場合には、参加を見合わせるように事前周知を行います。
  • 咳エチケットの徹底や、頻繁な手洗いなどの周知とあわせて正しい手洗い方法の普及啓発を行います。
  • アルコール消毒薬を会場入り口や複数個所に設置し、手指消毒を確実に実施します。
  • 屋内イベントでの定期的な換気を行います。
  • 相互接触の機会や、対面での会話機会を局力減らすなど、会場のレイアウトを考慮します。
  • 市主催の会議等についても、上記に準じた対応とします。