ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

平成29年 年頭のごあいさつ

印刷ページ表示 更新日:2017年1月1日更新

sichou

 新年明けましておめでとうございます。

 市民の皆さま方には、輝かしい新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

 昨年、国東市はお陰をもちまして市制施行10周年を迎え、5月に記念イベント「国東市誕生祭」を開催致しました。アストホールでは、市制施行10周年並びに新庁舎落成記念式典を挙行し、多くのご来賓や市民の皆さま方にご臨席を賜りました。また、新庁舎周辺では、オリーブオイルや国東オイスターなど国東市自慢の食材を使った「食の祭典」と、国東市の未来を担う「こどもの祭典」を開催し、多くの市民の皆さま方で賑わいました。

 また、昨年はこれまで着手した各種プロジェクトが徐々に成果を発揮して参りました。

 国東町小原の常緑果樹研修所跡地での「農業団地構想」では、オリーブ3千200本を植栽しており、リーフレタスの出荷も始まりました。

 福岡市に開設していますアンテナショップでは、1周年記念感謝祭を開催し、福岡市内のデパートやレストランへ向けて食材や加工品の販路拡大に努めています。

 観光面では、来年の2018年に六郷満山開山1300年を迎えようとしており、観光振興と地域活性化を目指し官民一体となった取組みを始めています。

 また、大分キヤノン株式会社の本社安岐事業所においてデジタルカメラなどの生産技術の研究、開発を担う総合技術棟となるテクノ棟竣工や、農林水産省による「バイオマス産業都市」認定など、明るい話題が多くありました。

 さて、今年は次の20周年に向けて飛躍し、新たな歴史を刻むスタートの年です。国東市最大の課題である人口減少に歯止めをかけ、将来にわたって「活力ある持続可能な国東市」を創るため、産業の振興や子育て環境の整備などの施策を積極的に推進し、ようやく芽吹き始めたプロジェクトが大輪の花を咲かせ、市民の皆さま方に「国東市に住んで良かった」と心から実感していただくよう全力を傾けて参ります。

 結びに、本年が市民の皆さま方にとりまして、素晴らしい年となりますよう心から祈念申し上げ、新年のご挨拶と致します。

平成29年 1月 1日

                                                 国東市長 三河 明史