ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長の活動記録 > 平成28年度 > 市長活動記録(平成28年10月分)

本文

市長活動記録(平成28年10月分)

印刷ページ表示 更新日:2016年11月30日更新

夢咲きくにさきふるさとまつり & 第3回 旭日の世界農業遺産 ため池ウォーク

 10月30日(日曜日)、好天に恵まれた中、夢咲きくにさきふるさとまつりと旭日ため池ウォークが開催されました。

ふるさとまつりは、多くのお店とお客さんで賑わい、市長も餅まきに参加し大いに盛り上がりました。

 ため池ウォークは、ふるさとまつり会場の隣、ソニー潮の香公園を朝8時30分に出発し、旭日地区のため池と名所を歩きながら、ゴールのふるさとまつりの会場であるお祭り広場まで9キロと12キロのコースで実施されました。

健脚自慢の方々が参加され、秋の涼しい空気を感じながら、美しい景色を楽しんでいました。

左上:ふるさとまつりでの餅まきの様子 右上:国東市観光親善大使の櫻井響子さん
 
ふるさと祭り① ふるさと祭り②
左下:挨拶する三河市長 右下:出発した参加者
ため池ウォーク① ため池ウォーク②

国東市 移住・定住説明会 in 東京

 10月29日(土曜日)、東京有楽町の東京交通会館にて「国東市 移住・定住説明会」が開催されました。移住者向け雑誌TURNSを発行している会社と提携して実施されたものです。

会場では約20名の移住を考えている方が来場しており、20代の単身者から40代の夫婦まで比較的若い方々が目立ちました。

三河市長から国東市についての紹介を行った後、実際に国東市に移住している方を交えてフリートークを行いました。

参加者からは農業についてや、移住して良かったこと、子育て環境について等様々な質問が、市長や先輩移住者の方に投げかけられていました。

将来、この中から移住希望者が一人でも現れれば国東市にとって非常に喜ばしいことです。

左:参加者に国東市について説明をする市長 右:参加者とのフリートークセッション
 
移住① 移住②

国東オリーブ農園竣工記念式典 キュウセツAQUA株式会社

 平成28年10月27日(木曜日)、国東町小原の常緑果樹研修所跡地の農業団地にて国東オリーブ農園竣工記念式典が執り行われました。

この日は竣工を記念して、キュウセツAQUA株式会社の大野博通会長と三河市長が最初の一本の植樹を行いました。

このオリーブ園は農業団地のなかでも最大規模を誇り、3,500本もの苗木が植えられる予定です。

将来的には農業団地内にレストランを作る計画もあり、オリーブの木が成長し、農業団地が完成すれば、素晴らしい景観と共に、美味しいオリーブを味わえる日がくることと思います。

美味しい実がつくこと、そして国東市の新たな観光名所になることを今から期待するばかりです。

左上:竣工式典の様子 右上:オリーブ農園の航空写真(展示物)
 
オリーブ竣工式① オリーブ竣工式②
左下:挨拶する三河市長 右下:オリーブの苗木の植樹
オリーブ竣工式③ オリーブ竣工式④

市政懇談会 国東市商工会青年部武蔵支部

 10月24日(月曜日)、武蔵保健福祉センターにて国東市商工会青年部武蔵支部との市政懇談会が開催されました。

参加者は8名と少数でしたが、椅子だけを円状に置き膝を突き合わせて、活発な意見交換が行われました。

バイオマス計画についての質問では、国東市がバイオマス産業都市に認定されたことについて、民間業者の投資が不可欠であること。小中一貫校の計画については、保護者や地域の方々には情報伝達がまだ不足していること等、他にも貴重な意見を沢山いただきました。

三河市長からは、現在国東市が取り組んでいる事業についての紹介等をし、約2時間の懇談会を終えました。

市政に対する率直な意見や提言、ありがとうございました。

商工会青年部武蔵支部① 商工会青年部武蔵支部②