ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長プロフィール・あいさつ > 市長コラム > 市長コラム 第26号「嬉しい報告」

本文

市長コラム 第26号「嬉しい報告」

印刷ページ表示 更新日:2019年8月21日更新

 このような仕事をしていると、難しいことも悩ましいこともありますが、何時も苦虫を噛みつぶしたような表情で、財政の数字とにらめっこをしているわけではありません。時には楽しいこと、嬉しいこともあるのです。今日がその日でした。

 令和元年度の大分県中学校体育大会で優勝あるいは準優勝し、8月の全国・九州体育大会に出場する各中学校の選手の皆さんが、報告に来てくれたのです。安岐中学校野球部の皆さんをはじめ、陸上、柔道、剣道の4種の競技に出場する18名の皆さんです。

 子どもの数が激減し、学校の統合などの難しい問題に直面している国東市の中学校から、これだけの生徒が大分県代表の選手として、九州大会あるいは全国大会に出場する。これほど嬉しく、勇気づけられることはありません。

 野球部の主将が「故郷のために、市民の皆さんに勇気と感動を与えられるよう頑張ります」と決意を表明してくれました。

 私からは「人口が減少する厳しい中、これだけの選手が大分県代表として、全国・九州大会に出場してくれて本当に嬉しい。是非、上位を目指して頑張って下さい。皆さんの活躍を祈っています」と激励しました。

 久々の朗報でした。選手の皆さん、頑張れ!

 

国東市長 三河 明史