ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長プロフィール・あいさつ > 市長コラム > 市長コラム 第29号「今はもう秋、誰もいない海」

本文

市長コラム 第29号「今はもう秋、誰もいない海」

印刷ページ表示 更新日:2019年9月20日更新

 という歌がありましたが、昨日今日と早朝の海辺は、ちょうどそのような海でした。良く潮の引いた海岸は、美しい広々とした浜辺が遠くまで続いており、穏やかな波が静かに寄せています。砂浜には、カニたちの穴が無数にあり、色々と奇妙な模様を描いています。今朝は、釣り人も見えず、沖合を船が静かに滑っています。

 日の出が遅くなったのですね。つい最近まで、5時半過ぎに家を出たときは、既に太陽は、東に見える家並みの遙か上に輝いていたのですが、今日は、海岸にでた午前6時8分、ようやく水平線が、金色に膨らみ始めました。日の出です。徐々に丸みを帯びた金色の輝きは、ようやく丸い玉となって水平線から離れようとしています。そしてそこに影絵のように船が忍び寄ってきました。

 "今はもう秋、誰もいない海" (出典:山口 洋子「誰もいない海」)

 今日も良い天気になりそうです。

 

国東市長 三河 明史