ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市長コラム 第37号「早くも真夏日」

印刷ページ表示 更新日:2020年6月16日更新

 暑いですねえ。今日6月7日(日曜日)は、まだ入梅もしないうちに梅雨明け時のあの暑さがいきなりやってきました。空は良く晴れて、カッと夏の太陽が照りつけます。朝のうちは割と涼しく、地区の役である富来川堤防の草刈りも順調に終わりました。その後、私達の班では、恒例の水道貯水タンクの掃除を総出で行いました。総出といっても8軒ほどの班なのでしれています。掃除が終わると水道班長が、アンパンとペットボトルのお茶を配り、木陰に腰を下ろして雑談するのです。
 以前は、田植え後の「お籠もり」や「のろよかい」などの集まりがあり、皆で話す機会もあったのですが、今ではほとんどなくなりました。久し振りの集まりに世間話や最近のニュースなど雑談の花が咲きます。
 帰ってからは畑の草取りです。隣の畑では、今年第1号のキュウリの収穫がありました。1本だけですが、なかなかのものでした。
 我が家の畑には、トマトが小さい実を付けています。中々大きくならなかった茄子も成長し、実を付け始めているようで、収穫するのが今から楽しみです。心配なのが、スイカとマクワウリです。思うように蔓が伸びてきません。昨年は良い出来で、大きなスイカも採れたのですが、今年はどうでしょうか。
 妻は、友達と昨日収穫した梅の実を漬ける準備をしています。美味しい梅干しが食べられるかなあ。
それからお墓の周りの草むしりもしました。一月ほど前に植えた5本のアーモンドのうち、お墓の前の畑に植えた2本はどうも活着が悪いようです。暫く雨が降りませんでしたからね。
 夕方になり、陽が沈むと少し涼しくなりました。近くの田んぼでは、大型機械で田植えをしています。入梅前なのに、真夏のように暑く、そしてよく働いた一日となりました。

国東市長 三河 明史