ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

市長コラム第42号「令和2年 年の瀬に寄せて」

印刷ページ表示 更新日:2020年12月31日更新

12月30日、夕刻になり激しい吹雪になり、北西の強風に乗って粉雪が激しく舞い始めました。夜になっても強風は止まず、台風のような風がごうごうと吹き付け、辺りは雪で真っ白になっています。今夜は積もりそうです。明日の朝は、白銀の世界になっているかもしれません。このところ暖冬でしたから、久し振りの冬らしい寒さです。
今年は、新型コロナに始まり、新型コロナに終わる一年でした。新型コロナに世界中が振り回された酷い年でもありました。世界の経済や社会、私達の生活も一変し、マスクなしでは生きられない「風の谷のナウシカ」の世界になりました。アメリカでは、コロナの死亡者数が第二次世界大戦の戦死者数を超えたと聞きました。恐ろしい話です。
国東市のような地方の町でも、12月に入り感染者が増えてきました。飲食店での会食やカラオケなどでクラスターが発生しました。出来るだけ人との接触を避け、飲酒を伴う懇親会やカラオケなどは、当分の間自粛することが感染拡大を防ぐ有効な対策でしょう。
しかしながら、新型コロナウイルスは完全に無くなることはないそうで、インフルエンザウイルス同様に、私達と共存していかなければならないそうです。ウイルスだって私達宿主が死んでしまえば、自分たちも死ぬわけですから、そこは考えるでしょう。
外では、未だにごうごうと強風が吹きつのり、粉雪が激しく舞っています。
明日は12月31日、令和2年の終わりです。来年は、良い年になることを祈りましょう。

国東市長 三河 明史