ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉 > 児童福祉 > 幼い命を車内放置事故から守りましょう!

本文

幼い命を車内放置事故から守りましょう!

印刷ページ表示 更新日:2016年6月9日更新
 毎年、暑い時期になると、車内に放置された子どもが熱中症で亡くなる事故が発生しています。
 短時間であっても、車内は50度以上の高温になり、子どもの命にかかわる危険性があります。
 このような状況に子どもを放置することは「児童虐待」に該当するとされています。
 悲しい事故を防ぐため、子どもの車内放置は絶対にやめましょう。