ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > くらし・消費生活 > 上下水道 > 水道管の凍結にご注意ください!

本文

水道管の凍結にご注意ください!

印刷ページ表示 更新日:2016年12月22日更新

昨年1月に発生した記録的な寒波により県内で約2万7千世帯の影響が出ました。以下の点に注意して水道管の凍結予防対策をお願いします。

●こんな時は凍結に注意
冬場に長時間留守にする場合や、気温が氷点下4℃以下になると水道が凍結しやすくなります。屋外、北側で日が当たらない場所、風当たりの強いところ、むき出しになっている水道管などは特に注意が必要です。

予防対策
屋外に露出している水道管に、保温材(発砲スチロール)や布、毛布などを巻き、その上からビニールテープ等で巻き付けてください。特に給湯器、温水器への接続管の保温対策をお勧めします。また、メーターを保護するために、メーターボックスの中に使い古しの毛布や布切れ、発砲スチロールを入れると保温効果があります。

凍結したときは・・・
自然に解けるのを待つか、タオルなどを巻き付けてぬるま湯をゆっくりとかけてください。
※熱湯だと水道管を破裂させるおそれがあります。

●万一、水道管が破裂したら・・・
水道メーターから蛇口までの漏水については、個人の所有物であるため市では修理できません。使用される皆さんが、水道工事店(市の指定給水装置工事事業者)へ修理を依頼してください。また、凍結が原因となる漏水や、地上に出ている配管の漏水、給水器等の漏水は減額免除することができません。水道メーター(メーターガラス)の破損や、水道メーター付近の漏水については下記までご連絡ください。

問い合わせ

上下水道課 ☎0978-72-5197         国見地域産業建設課 ☎0978-82-1114

武蔵地域産業建設課 ☎0978-68-1113   安岐地域産業建設課 ☎0978-67-1116