ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育・文化 > 歴史・文化財 > 日本遺産 > うに・マテ貝の醤油を開発!【国東半島醤油づくりProject】
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 国東市について > 国東市の魅力 > うに・マテ貝の醤油を開発!【国東半島醤油づくりProject】

本文

うに・マテ貝の醤油を開発!【国東半島醤油づくりProject】

印刷ページ表示 更新日:2022年5月17日更新

国東半島の海の幸を使った醤油を開発しました!

醤油プロジェクトの紹介写真

六郷満山日本遺産推進協議会では、日本遺産次号として、国東半島の海の幸を使った醤油を開発しています。
国東市からは国東の海で育った「うに」を使い、豊後高田市からは真玉海岸で育った「マテ貝」を使った、保存料を使わない地元産だからこその強みを生かしたものになっており、うにやマテ貝の旨味が伝わる特産品となっています。そして、うに醤油・マテ貝醤油の開発が、国東半島の美しい海を守る取り組みにもつながっています。
この度、醤油づくりプロジェクトを応援するクラウドファンディングを開始しました!詳細は下記のリンクからご覧いただけます。(醤油を作ることが海を守ることにつながる理由も説明しています。)

◆日本遺産ホームページ(外部リンク)
【国東半島の美しい海の景観を守り伝えたい!うに・マテ貝の醤油づくりプロジェクト】

◆クラウドファンディングのサイト『CAMPFIRE』にも掲載しています。
『CAMPFIRE』のプロジェクトページ(外部ページ)

うにの写真マテ貝の写真
原材料の国東市の海で育った「うに」と豊後高田市の海で育った「マテ貝」

2種類の醤油の画像
完成した「うに醤油」・「マテ貝醤油」(各100ミリリットル)