ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 契約検査課 > 入札金額内訳書及び施工体制台帳等の義務化について

本文

入札金額内訳書及び施工体制台帳等の義務化について

印刷ページ表示 更新日:2015年3月20日更新

 「建設業法等の一部を改正する法律」及び「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の一部改正が平成26年6月4日に公布され、公共工事の入札に係る入札金額内訳書の提出及び施工体制台帳等の作成が義務付けられました。
 
 法改正に従い、本市においても平成27年4月1日から下記のとおりといたしますので、お知らせいたします。
 


建設工事の入札時に「入札金額内訳書」の提出が必要になります

 現在、本市が行う建設工事の入札では、一般競争入札の場合のみ「入札金額内訳書」の提出を求めていますが、平成27年4月1日から、すべての建設工事の入札において、「入札金額内訳書」の提出が必要となります。

施工体制台帳等の作成が下請金額にかかわらず義務付けられます 

  現在、公共工事を受注した建設業者が下請契約を締結する場合、下請契約の請負代金額が合計3,000万円以上(建築一式工事の場合は4,500万円以上)となる工事にのみ「施工体制台帳」並びに「施工体系図」の作成をお願いしていますが、平成27年4月1日以降に契約を締結した公共工事(随意契約含む)において、下請契約を締結する場合は、下請金額にかかわらず「施工体制台帳」、「施工体系図」の作成及び提出並びに掲示が義務付けられます。

 
 なお、入札金額内訳書及び施工体制台帳等の作成等に関しましては、下記添付ファイルをご参照下さい。

公共工事における入札金額内訳書及び施工体制台帳の作成・提出について(国東市) [PDFファイル/145KB]

入札金額内訳書参考例 [PDFファイル/85KB]

入札金額内訳書参考例 [Excelファイル/44KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)