ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 政策企画課 > 国東市内の公共交通について

本文

国東市内の公共交通について

印刷ページ表示 更新日:2019年4月26日更新

国東市の公共交通事情について

国東市バス路線図の画像

国東半島のおよそ東半分に位置する国東市は、北から国見町、国東町、武蔵町、安岐町という4つの町から成り立っています。
国東半島の中心部には、両子山(ふたごさん)をはじめとする山々がそびえ、谷あいからは海岸線の国道に向かって、放射状に道が伸びています。
国東市の地域公共交通(路線バス、コミュニティバス・タクシー)は、海岸沿線の国道を南北に通る路線のほか、谷あいの集落から4町の中心部に向かって、放射状に伸びた道をなぞるようにした路線から形成されています。
両子山を中心として静脈のように伸びるこれらの公共交通は、市民の生活に欠くことのできない移動手段となっています。 また、国見地域には伊美港と竹田津港の2つの港があり、それぞれ姫島村と山口県周南市とを行き来しています。加えて、武蔵・安岐地域には大分空港が配置されており、九州の東の玄関口としての役割を果たしています。

※図の中の黒い線は民間の路線バス、赤い線はコミュニティバス、青い線はコミュニティタクシーの路線をそれぞれ表しています。

市内のバス路線を網羅した「総合時刻表」を配布しています

時刻表

国東市では、市内の公共交通と、近隣の市村への交通を網羅した「国東市公共交通総合時刻表」を公開しています。
内容については 国東市公共交通時刻表(令和元年11月1日現在) [PDFファイル/8.07MB]をご覧ください。
なお、最新の民間路線バス時刻表については、各バス会社のホームページをご覧ください。

県内の他市から国東市へお越しの際には、路線バスのほかに大分空港各種アクセスバスもございます。
詳細は、大分交通株式会社のホームページをご確認ください。

空港アクセスバスのご案内(別サイト)

国東観光バス(株)をご利用の際には、お得な専用回数乗車券の助成制度があります

助成券制度の説明

谷あいと町の中心部を往復する路線や、杵築市と国東市を行き来する路線を運行する国東観光バス(株)では、専用の回数乗車券(販売額:3,000円※券面額: 3,500円)を販売しています。
この回数乗車券を購入された方に、さらに3,000円分の回数乗車券を無料で差し上げています。詳しくは 国東観光バス(株)の利用における助成について をご覧ください。

コミュニティバス・コミュニティタクシー「おでかけ号」

おでかけ号 バス写真

民間路線バスが主な公共交通機関である国東市には、路線バスの運行していない地域があります。
そうした地域のみなさんのおでかけを支えるために、市ではバス車両によるコミュニティバスとジャンボタクシー車両によるコミュニティタクシー、通称「おでかけ号」を運行しています。おでかけ号の運行経路や時刻表、運行実績などについては、国東市コミュニティバス・タクシー「おでかけ号」についてをご覧ください。

国東市地域公共交通会議の開催状況について

交通会議の様子

国東市では、市民をはじめ、市、交通に関わる行政機関、交通事業者等によって、地域の公共交通について話し合う会議「国東市地域公共交通会議」が開催されています。会議の開催状況については、国東市公共交通会議の開催状況をお知らせしますをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)