ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

高齢者の住まい

印刷ページ表示 更新日:2017年9月1日更新

養護老人ホーム

 養護老人ホームは、高齢者の生活を守るという目的で老人が入居する施設ではあっても介護を受ける施設ではなく、見守りや生活に困窮する高齢者が入居する施設です。
 環境的にも経済的にも、また、現在一人暮らしだが心身の状態から一人暮らしが困難となってしまった、現在の環境では生活ができない方が、行政の判定により養護老人ホームに入所するということになります。これを『措置入所』といいます。
 費用も前年の収入や課税額に見合った範囲で設定されており、無理のない費用徴収額が認定されます。
 介護保険施設と違い、養護老人ホームは生活に困窮している65歳以上の人が入所する施設であり、養護老人ホームへの入所し、生活していても病状の変化などで在宅サービス、介護保険施設への入所が適切と判断された場合、特別養護老人ホームへ移ったり、他の生活支援や見守りを受けることが可能となり、入所資格の『一人で生活が困難』のいう項目から外れるなどした場合は『措置解除』といって退所となります。

養護老人ホームについての表

 入所までの流れは、下記資料ご参照ください。

 養護老人ホームとは? [PDFファイル/927KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)