ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農政課 > 世界農業遺産の認定に向けた取り組み

本文

世界農業遺産の認定に向けた取り組み

印刷ページ表示 更新日:2013年4月25日更新

 国東市は、大分県及び豊後高田市・杵築市・宇佐市・姫島村・日出町とともに「国東半島宇佐地域」を世界農業遺産に認定する取り組みを行っています。
 世界農業遺産の目的は、グローバル化等の影響で衰退しつつある伝統的な農業、文化、土地景観などを保全し、その持続的な活用を図ることにあります。
 国東半島宇佐地域においては、多くのクヌギ林やため池を活用した椎茸栽培や七島イ栽培といった伝統的な農業の仕組みと六郷満山文化や歴史的な行事などに着目し認定を目指しています。
 このことから、農業にとどまらず地域の振興に大きく貢献するものとし、「地域のイメージアップ」「農産物等への付加価値」「ブランド力の強化」「観光への活用」を重点活動項目に掲げ、農業と地域の活性化に向け取り組みを進めていきます。

2013年4月25日更新

※詳細については、下記のホームページをご覧ください。
大分県庁ホームページ(別ウインドウ)


≪問い合わせ先≫
大分県庁農林水産部 農村整備計画課
 Tel:097-506-3713
  Fax:097-506-1763

≪国東市担当課≫
農政課 耕地係
 Tel:0978-72-5167