ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 活力創生課 > 芸術家等定住促進施設「イミテラス」のご紹介

本文

芸術家等定住促進施設「イミテラス」のご紹介

印刷ページ表示 更新日:2014年6月26日更新

イミテラス外観

「イミテラス」外観

イミテラス内部

「イミテラス」内部(展示会の一例)

芸術家等移設定住促進施設 「イミテラス」

国東市では第2次国東市総合計画のまちづくり振興方針として、国見町を「芸術の町」と位置付け、伊美地区を中心に芸術や工芸・陶芸などアートを通じて地域を活性化しようと取り組んでいます。

このたび、その施策のひとつとして、国見町のギャラリー通りにある空き店舗を、芸術家等の移住定住促進のためのインキュベーション施設として改修いたしました。

管理・運営は地元NPO法人国東半島くにみ粋群が行うこととし、空き家利活用のモデルケースのひとつにもなっていくものと思います。

また、上伊美地区でも双国高校旧教員宿舎をアーティスト・イン・レジデンス施設として改修予定で、今年度の供用開始を目指しています。

『イミテラス』の活用方法についてはギャラリーや、ワークショップ会場、交流スペースとしての活用をはじめ、長短期滞在しての制作活動も可能で、移住目的の作家の活動拠点として活用してもらうなど、定住・交流人口の増加を目指していくものです。

新しい芸術と交流のスペース、『イミテラス』にご注目ください。

「イミテラス」オープン記念式典

日時

平成26年7月7日(月曜日)

午前11時30分から

場所

国東市国見町伊美2412-1 「イミテラス」

主催

NPO法人 国東半島くにみ粋群

内容

オープニング行事

・テープカット

・ネーミングの意味や施設利用説明など「イミテラス」すべての公開