ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > まちづくり・環境 > 協働・地域活動 > > 【部門新設2年目】2024(令和6)年度 国東市まちづくり公募補助金応募団体を募集します
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 移住定住 > 移住定住支援 > > 【部門新設2年目】2024(令和6)年度 国東市まちづくり公募補助金応募団体を募集します

本文

【部門新設2年目】2024(令和6)年度 国東市まちづくり公募補助金応募団体を募集します

ページID:0044186 印刷ページ表示 更新日:2024年2月6日更新

まちづくり公募補助金タイトル画像(サムネ用)

まちづくり公募補助金とは

市内の各種団体が自主的に企画して実施するまちづくり活動や地域活性化事業、また人材育成に貢献する取り組み等に対する補助金です。
令和5年度から、幅広い活動を支援していくことを目的に、「学生活力部門」「地域活力部門」「団体連携部門」「課題解決部門」の4つの部門を設けています。
令和6年度の補助金については、下記応募要項のとおり募集を行います。

令和6年度 国東市まちづくり公募補助金 応募要項 [PDFファイル/396KB]

上記要項をご確認のうえ、市役所活力創生課地域支援係まで下記書類を提出してください。
皆さまのご応募、お待ちしています!ご不明な点はお問合せください。

申込提出書類

該当する部門の様式をダウンロードし、必要事項を記入して提出してください。

  1. 事業計画書 wordファイル [77KB]  PDFファイル [231KB]
  2. 収支予算書 Excelファイル [15KB]  PDFファイル [97KB]
    ※添付資料:金額根拠資料(見積書等)任意
  3. 定款、規約、会則等の団体の運営に関する規程
  4. その他事業・団体の内容がわかるもの(団体総会資料等)

申込書類提出締切

令和6年3月19日(火曜日)

提出方法

​メール、郵送、持参のいずれか

国東市役所活力創生課
メールアドレス:sosei@city.kunisaki.lg.jp
住所:〒873-0503
​国東市国東町鶴川149番地国東市役所2階活力創生課

補助対象事業

補助対象事業は、市民活動を行う団体が市内において不特定多数の市民の利益又は社会的な利益の増進に寄与することを目的として、自主的かつ主体的に取り組む事業とします。

補助対象団体

(1)構成員が5人以上であること。
(2) 構成員の2分の1以上が市民(在勤者を含む。)であること。
(3)市内に活動拠点を有すること。
(4)定款、規約、会則等の定めにより、団体としての運営上の規律が確立されいること。
(5)専ら営利を目的とする団体でないこと。
(6)政治的活動、宗教的活動、特定の人物に対する支持を目的とする団体でないこと。
(7)当該年度中に、国又は地方公共団体から他の制度による補助を受ける団体でないこと。

各部門について

 
部門名 条件 補助金額 補助率
学生活力部門 高校生以上の学生が中心となって実施する取組みを募集します。テーマは自由です。
構成員の半数以上が学生(高校生・専修学生・大学生)であることが条件となります。
10万円 10分の10
地域活力部門 地域課題や多様なニーズに合った取組みを募集します。テーマは自由です。 20万円 4分の3
団体連携部門

過去に国東市まちづくり公募補助金を受けたことのある団体が、2団体以上の団体と連携して実施する取組みを募集します。
テーマは自由です。
複数の団体が連携することでより効果が得られる事業であることが条件となります。
なお、同一組織内での連携は対象となりません。

40万円 5分の4
課題解決部門

市が設定するテーマの課題解決を行う取り組みを募集します。令和6年度の課題テーマは次の4件です。

1)過疎化に起因する集落の課題を解決する取組み
※特に高齢化が著しい小規模集落では、集落の共同作業(草刈りや溝掃除など)やお祭りなどの行事の実施に苦慮しており、過疎少子高齢化が進む中、同様の課題を抱える集落が増えていく事が予想されます。そのような一連の集落の課題を解決する取り組みを募集します。

2)宇宙港の機運醸成に関する取組み
※アジア初の宇宙港に選ばれた大分空港。近い将来、広大な銀河にアジアで最も近いまちになる国東市。わくわく感、期待感を含め、「宇宙に繋がる国東市」、「宇宙港の機運醸成」を図る取り組みを募集します。

3)ゴミの減量化や再利用に関する取組み
※カーボンネガティブ宣言で注目されている国東市。二酸化炭素の排出を抑え、地球に優しいまちづくりを目指します。ゴミの減量化やリサイクル(再利用)は地域で取り組める手段のひとつです。

4)若者の出会いの場を創出する取組み
※過疎少子高齢化が進む国東市。それに歯止めをかけるため、若者層の市内定住は重要なポイントです。そのような観点から若者の出会いの場、機会を創り出す取り組みを募集します。​

50万円 10分の10

補助対象経費

補助対象事業の実施に直接的に必要な経費とし、下記の表のとおりとします。組織を維持するために必要な経常的な運営費(燃料・光熱水費、通信費、交際費、慶弔費、食糧費等)、個人に帰属するような経費は、補助の対象としません。

 
費 目  
報償費 講師・専門家への役務の提供等に対する謝礼(賞品等は対象外)
旅費 講師・専門家等の交通費、通行料金、宿泊費等(申請団体が研修に要した旅費等は対象外)
需用費 消耗品費、印刷製本費、材料費等(運営費と区分できないものは対象外)
役務費 通信費、手数料、保険料等(運営費と区分できないものは対象外)
使用料及び賃借料 会場使用料、機器借上料等(運営費と区分できないものは対象外)
原材料費 事業に直接必要な原材料費(配布目的は対象外)
備品購入費 事業に直接必要な備品購入費(運営費と区分できないものは対象外)
負担金 研修参加費(会食に係る経費は対象外)
その他の経費 上記のほか事業の実施に必要で、市長が適当と認める経費

プレゼンテーション審査会

補助金の公平性・透明性の確保と各団体の活動を広く市民や他団体に紹介し活動の発展に繋げることを目的に、公開プレゼンテーション形式の審査会を行い、その審査会の結果により補助金の交付が決定されます。

形式

公開プレゼンテーション形式(審査員の前で応募団体が計画をPRする)
プレゼンテーションは質疑応答も含めて1団体約25分を予定しています。
事業内容や目的、効果、将来像等をパワーポイントやPDF、JPEG画像等を用いて発表してください。

評価方法

審査員が各応募団体に評価点をつけ、基準点を超えた団体が対象団体となります。

評価項目

計画事業において以下の項目を重要視し、評価します。

  • 公益性…計画事業が不特定多数の利益となり、趣味的な活動ではないこと
  • 企画力…計画事業が感動・共感・理解を得られる内容であること
  • 継続性…計画事業が財政面でも自立して活動していく努力がみられること
  • 妥当性…団体の能力・規模と計画事業が見合っていること
  • プレゼン力…団体に熱意があること

開催予定日

令和6年4月7日(日曜日) 予定

必要書類

(1)交付申請で提出した書類
(2)市のパソコンを使用する団体はプレゼンに用いる資料の電子データ(パワーポイントファイル、PDF、JPEG)

プレゼンテーション資料について

動作確認が必要となるため、パソコンを持ち込む方は審査会当日早めに会場入りし、動作確認をお願いします。
市のパソコンを使用する団体は電子データ(パワーポイントファイル、PDF、JPEG)を令和6年3月27日(水曜日)までに活力創生課宛提出してください。

​(参考)令和5年度採択事業

 
団体名 計画事業名 事業の内容 部門
国東高校くにさき創生タイムプロジェクトチーム くにさき創生タイムプロジェクト(国東の特産品を生かした商品開発) 地元企業の協力を得て開発した国東にちなんだ商品を、鶴川商店街周辺観光・交流拠点施設や市内のイベントで実際に販売していく。商品開発で地域の魅力発見や課題解決能力を身に着けるとともに、商品販売で地域を盛り上げていく。 学生活力部門
国東高等学校自然科学同好会 高校生による科学イベント「新春 モデルロケット揚げ大会」 モデルロケットの資格を取得した同好会メンバーが講師補助となり、1月にモデルロケット揚げ大会を行う。大会で小中学生と交流を深め、市内の児童生徒が理科・科学を好きになるような流れを作る。行事は定例化し、「国東市の新春といえばモデルロケット揚げ」となるようにしたい。 学生活力部門
国東高校電子工業科 「七島藺 縄ない機の製作」 古くなり動かなくなった七島イ縄ない機を再生する。再生した縄ない機は武蔵楽交等市内のイベントに体験ブースを設置し、多くの人に実際に体験してもらうことで、国東市の伝統工芸に触れてもらう。 学生活力部門
国東半島活性化懇談会いのちき 「映画でGo!」~「まちの名画座キャラバン隊」映画をキーワードにした街づくり、移動式映画上映の推進 市内各地を行脚する小規模人数の出張映画鑑賞会を老人ホーム等これまでコロナ等でできなかった場所で開催する。また、他団体と連携し映画を切り口とした地域への誘客を試みるとともに、フィルムコミッション等映画を主軸にしたまちづくりについて研究を深める。 地域活力部門
興導寺区活性化連絡会 興導寺地区の季節行事定着の試み 「空也上人祭り」の継承を基本に、「けんか祭り」の復活、区主催の「文化祭」等とのマッチング、ブラッシュアップを行い、一連の季節行事に地区住民が参加することで、地域活力の増進を図る。 地域活力部門
田深商店街活性化プロジェクト推進委員会 「秋の軒先市」の開催 田深商店街の各店舗を回遊して楽しんでもらう軒先市(青空市・マルシェ)を開催するとともに、通りで宇宙朝顔の栽培をすることで通りの美化活動と宇宙港醸成の機運を高める。 地域活力部門
くにさきで落語を楽しむ会 皆んなで笑おう! 林家たけ平寄席 市内の小学校やお寺等で林家たけ平寄席を開催することで、伝統芸能の継承と笑いによる地域活性化を図る。本年度は子供向け寄席を2公演、一般向け寄席を2公演行う予定である。いずれは、江戸話芸のイベントの定着を図りたい。 地域活力部門
鶴川賑わい創出事業実行委員会 鶴川地域賑わい創出事業 鶴川商店街で酒蔵による角打ちイベントの開催や屋台出展イベントを行うことで商店街ににぎわいを創出する。また、鶴川商店街を中心とした市内飲食店で地酒のハーフボトル1本に対して1,000円の割引を行う地酒消費拡大キャンペーンを開催し、地酒を地元で消費する流れを作る。 課題解決部門

(参考)令和5年度国東市まちづくり公募補助金実績報告会

令和5年度にまちづくり公募補助金を活用した8団体が下記のとおり活動の成果を報告します。
報告会は公開形式となっており、どなたでもご見学することができます。
令和6年度に当補助金を利用した事業を検討されている方は、是非とも活動の参考にされてください。

日時:令和6年2月25日(日曜日) 10時00分~15時00分
場所:国東市役所3階防災対策本部室

(参考)国東市まちづくり公募補助金交付要綱

国東市まちづくり公募補助金交付要綱 [PDFファイル/177KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)