ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

応急手当

印刷ページ表示 更新日:2014年2月6日更新

私たちは、いつ、どこで、突然のけがや病気におそわれるか予測ができません。
このような時、病院に行くまでに、家庭や職場で出来る手当てのことを 応急手当 といいます。

【応急手当をまとめると次のようになります】
応急手当 救命処置 呼吸や心臓が止まったとき  心肺蘇生法
 AEDの使用
喉にものが詰まったとき  気道異物の除去(胸部突き上げ法など)
止血法
その他の応急手当
  • 楽な姿勢をとらせる方法(保温、体位など)
  • 傷病者の運び方(搬送法)
  • 出血に対する応急手当(止血法)
  • けがに対する応急手当
  • 熱湯(やけど)に対する応急手当
  • 溺水(水の事故)に対する応急手当
  • その他の応急手当(熱中症、けいれんなど)

 

 

 

※詳細は下の4つの項目のいずれかをを選んでクリックして下さい。

異物除去 心肺蘇生法 AED 止血