ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

仏の里に鬼が出た!

印刷ページ表示 更新日:2019年12月6日更新

仏の里に鬼が出た! - 国文祭・障芸祭 レガシー(遺産)事業-

 華麗な神楽の舞を見せるのは、社会福祉法人秀溪会のみなさん。

 昨年、大分県で開催された国民文化祭、障害者芸術・文化祭のレガシー(遺産)を継承し、地域の神楽保存会の協力で伝統芸能(神楽)による生涯学習事業に取り組んでいます。

 今回、大分県「障がい者週間」福祉大会東部大会が国東市で開催され、アトラクションとして出演の機会をいただき、日頃の練習の成果を披露いたしました。

 「少し緊張したけど、たくさんの観客の中でできたのでよかった。次もがんばります。」と、秀渓園の白鬼さんと青鬼さん。

リハ1 本1 

 前日リハーサル風景                          いざ、本番

本2 本3

本4 本5

【社会福祉法人秀渓会 秀渓園】(所在地:国東市武蔵町手野)
 障がいのある方の意思決定を支え、地域で暮らせるための支援を行っている福祉施設。地域交流の機会を増やすことを活動方針のひとつとし、地域の小学校や住民などとの交流を積極的に行っている。

【手野神楽保存会】
 明治20年に同地区において結成された神楽組として、これまで同地区の住民を中心に継承されてきた。昨年の国民文化祭・障がい者芸術文化祭において、秀溪園利用者とオリジナル演目を制作、合同練習とインクルーシブに取り組み、多方面において積極的な活動を行っている。