ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 社会教育課 > 第1回「身になる人権講座」の開催について

本文

第1回「身になる人権講座」の開催について

印刷ページ表示 更新日:2019年5月7日更新

概要

  家庭や園・学校等で子どもにかかわるとき、この子は「落ち着きがないなぁ、集団行動が苦手だなぁ、協調性がないなぁ」などと感じ、「どうして、○○なんだろう」「何度言ったら・・・」と、悩むことはありませんか。

  このような子どもたちは、ともすると「子育てが難しい、指導が行き届かない困った子ども」と、とらえられがちです。しかし、このような子どもたちの気になる行動の裏側には、時には発達障がい等、その子自身ではどうにもならない事が原因として潜んでいる場合があります。

  ある調査によると、発達障がいを持つ子どもは全体の8~9%程度いると言われています。つまり30人の学級に2~3人いると考えられているのです。この子どもたちは、周りの大人の認識不足や対応の誤りにより、生き生きとした学び、成長の機会を失ってしまうことがあります。

  本講座では、発達障がい等の子どもたちの特性とその特性に応じた支援の方法について具体的にお話していただきます。講座を通して、発達障がいの特性と支援のあり方を理解し、その子(人)が生き生きと学び、成長し、生活できるようにしましょう。

 

 第1回身になる人権講座ポスター [PDFファイル/490KB]

 

開催要項

  日 時:令和元年5月29日(水曜日)

      午後6時開始/午後7時30分終了

  会 場:アストくにさき マルチホール

  演 題:子どもの気になる行動を知る(仮)

  講 師:別府発達医療センター保育士 宮本久美子 さん

  料 金:無 料 

       ※講座中の「託児」を致します。遠慮なくご利用ください。

 

主催

  社会教育課 人権・同和教育係

 

共催

  国東市協育ネットワーク推進協議会

  家庭教育支援部会

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)