ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 財政課 > 木造住宅の耐震化補助制度のご案内

本文

木造住宅の耐震化補助制度のご案内

印刷ページ表示 更新日:2019年5月10日更新

耐震診断

補助対象となる住宅

昭和56年5月以前に着工された木造住宅

(店舗等の用途を兼ねるもののうち店舗等の部分の床面積が、全体の2分の1未満のものを含む)

補助金額

全額補助。但し、下記に示す区分に応じた補助金額が上限となります。

  1. 平屋建て住宅で床面積が100平方メートル未満(平面形状に凹凸がない場合に限る)…75,000円
  2. 床面積の合計が100平方メートル未満である場合で、「1」以外のもの…90,000円
  3. 床面積の合計が100平方メートル以上あるもので、建築当時の図面がある場合…95,000円
  4. 床面積の合計が100平方メートル以上でるもので、建築当時の図面がない場合…110,000円

(注)2~4は精密診断法に限る。

耐震診断の流れ(別ページ)/soshiki/zaisei/taisinsindan.html

耐震改修

補助対象となる住宅

昭和56年5月以前に着工された木造住宅(店舗等の用途を兼ねるもののうち、店舗等の部分の床面積が全体の2分の1未満のものを含む)で、耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満のものに耐震改修工事を行うもの。

補助金額

補助対象となる住宅の耐震改修工事に要した費用の額の3分の2以内の額(上限80万円)

但し、次のいずれかに該当する場合は上限100万円です。

  1. 床面積の合計が180平方メートル以上のもの
  2. 昭和34年12月末日までに建築されたもの
  3. 精密診断法による診断で、上部構造評点が0.4未満のもの

耐震改修の流れ(別ページ)/soshiki/zaisei/kaisyuunagare.html