ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 固定資産税の制度

本文

固定資産税の制度

印刷ページ表示 更新日:2013年11月13日更新

固定資産とは?

土地、家屋、償却資産の3つを総称して固定資産といいます。

固定資産税とは?

毎年1月1日(「賦課期日」といいます)に、固定資産を所有している人がその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

固定資産税の納税義務者は?

固定資産税を納めなければならない人(「納税義務者」といいます)は、原則として固定資産の所有者(ただし、所有者として登記されている人が賦課期日前に死亡している場合には、賦課期日現在で、固定資産を現に所有している人)です。具体的には次のとおりです。

土地…土地登記簿または土地補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
家屋…建物登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
償却資産…償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

注意: 所有者の変更をしたい時などは、法務局で登記を変える必要があります。
    ただし、未登記の固定資産については市役所で変えることができます。

固定資産税の算定方法は?

固定資産税は、次のような手順で税額が決定され、納税者に通知されます。

1 固定資産を評価し、評価額を決定し、またその評価額をもとに、課税標準額を算定します。
      ↓
2 課税標準額×税率(1.4%)=税額 となります。
      ↓
3 税額等を記載した納税通知書を納税者あてに通知します。

固定資産税には、特例や減免・非課税などいろいろな「きまり」があります。
固定資産税について詳しく知りたい方は税務課までお問い合わせください。