ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

死亡届

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月29日更新
死亡届
届出期間死亡の事実を知った日から7日以内
届出地死亡者の本籍地、死亡地または届出人の住所地、所在地
届出義務者同居の親族、その他の同居者、家主、地主、家屋もしくは土地の管理人の順。
(義務者ではありませんが同居していない親族も可)
届出に必要なもの
  • 死亡届(死亡診断書に医師等の署名がされたもの)
  • 届出義務者の印鑑

・届書にまったく記載のないまま、窓口に見えられる場合がありますが、届書に記載がありませんとこれを受領することができません。届出人ご本人による署名は、必ず必要ですのでよろしくお願いいたします。

・必ず届出期間内に届出をしてください。もし、届出期間の経過後に届出をしますと「失期通知(戸籍法施行規則第65条)」を提出していただきますのでご注意ください。
※失期通知とは、届出等を怠ったことについて簡易裁判所に通知するものです。正当な理由なく期間内に届出等をしなかった場合、戸籍法135条、136条に基づき過料に処される場合があります。

 死亡届出後の各種手続き

国東市に住所のある方がなくなった場合、死亡届出後に国民健康保険証や国民年金など各種手続きが必要です。
下記の「死亡届出後の各種手続き」をご確認の上、各担当課窓口で手続きをお願いいたします。
なお、他市区町村に住所があった方は、その市区町村に直接お問い合わせください。

死亡届出後の各種手続き [PDFファイル/122KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ
前のページに戻る