ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財課 > 浜崎地区の文化財

本文

浜崎地区の文化財

印刷ページ表示 更新日:2013年11月13日更新

kenshi

KB09浜崎

県指定

NO.

区分

細区分

名称

所在地

所有者

指定年月日

KB09-01

史跡

浜崎祖形五輪塔群

国東町浜崎

個人

昭和34年3月20日

KC09浜崎

市指定

NO.

区分

細区分

名称

所在地

所有者

指定年月日

KC09-01

有形

美術工芸

木造千手観音立像

国東町浜崎

吉祥寺

昭和46年11月10日

KC09-02

天然

国東町浜崎

貴船神社

昭和51年3月30日

市内文化財インデックス

k09ichi664

KB09-01 浜崎祖形五輪塔群

 

布動院跡といわれる場所に、高さ220cm余の立石を中心として七基の一石五輪塔がある。技法は素朴で、空輪は宝珠の形をなさず水輪は方形の4隅を削り落とした程度で円形をなしていない。一見平安時代末の中尾(臼杵市)の五輪塔に似ているところから、祖形五輪塔としょうしたのではないかと思われるが、鎌倉時代のものと推定される。

KC09-01 木造千手観音立像

 

寺山吉祥寺の本尊で、脇侍に不動明王、毘沙門天像がある。鎌倉末期の作と推定される。

KC09-02 楠

 

神域内にあり。まれにみる巨木。

市内文化財インデックス

地区トップ