ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財課 > 治郎丸地区の文化財

本文

治郎丸地区の文化財

印刷ページ表示 更新日:2013年11月13日更新

shi

KC25治郎丸

市指定

NO.

区分

細区分

名称

所在地

所有者

指定年月日

KC25-01

有形

建造物

連碑

国東町治郎丸

個人

昭和38年1月27日

KC25-02

有形

建造物

めがね橋

国東町治郎丸

治郎丸区

昭和55年6月1日

KC25-03

史跡

阿弥陀寺跡

国東町治郎丸

治次郎丸区

昭和58年4月26日

KC25-04

天然

いす(サルブエ)

国東町治郎丸

治次郎丸区

昭和58年4月26日

市内文化財インデックス

位置図 共通

k25ichi664

KC25-01 連碑

 

治郎丸、通称「お薬師様」と呼ぶ所にある。高さ2m、幅3.2mの岩に12面刻まれた板碑である。碑文は、麿滅がひどく、判読不能。
高さ2m、 幅3.2mの一面に12面の仏像を刻んだ板碑。

KC25-02 めがね橋

 

小型であるが狭い谷川を利用して、架設部は入念に施工し矢筈型の溝工法。両脚部を岩に組み込ませ、半円ははげしい長楕円形である。工事の修復をしたことがないという。
阿弥陀堂に鎌倉より持参せるという木彫り仏、石造り仏があり、信仰道標であった。
阿弥陀堂建設の初期、江戸時代中期。
高さ3.50m
幅 1.20m
長さ 4.00m

KC25-03 阿弥陀寺跡

 

阿弥陀寺は畠山五郎入道行重(元久2年生)が信濃善光寺より阿弥陀如来像を持ち帰って開山。庶民の信仰の中心となったが江戸時代中期に廃寺となり、現在、堂と阿弥陀3尊像、崩壊した五重の塔・法篋印塔、古墓群、13石像、めがね橋などを残すだけになっている。
本尊 高さ45cm 楠の木彫り
金箔製 阿弥陀堂本尊

KC25-04 いす(サルブエ)

 

上治郎丸 山神社は平安時代瀬戸内海大三島神社より分神、鎌倉時代(弘安6年)高地川端より現在地を選択、当時神域内の幼木イスの木をご神木とし現在にいたる。
イスの木としては近郷にない古木で800年の歴史を秘めている。
立ちがかり周囲 5.2m
高さ 40m 

市内文化財インデックス

地区トップ