ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財課 > 西方寺地区の文化財

本文

西方寺地区の文化財

印刷ページ表示 更新日:2013年11月13日更新

shi

NC02西方寺

市指定

N0.

区分

細区分

名称

所在地

所有者

指定年月日

NC02-01

有形

建造物

許波多社国東塔

国見町西方寺

許波多社

昭和39年2月27日

NC02-02

有形

建造物

清浄光寺宝篋印塔

国見町西方寺

清浄光寺

平成4年3月31日

NC02-03

有形

美術工芸

許波多社旧神像三体

国見町西方寺

西方寺区長

平成8年6月12日

NC02-04

有形

美術工芸

許波多社旧神像六体

国見町西方寺

西方寺区長

平成8年6月12日

NC02-05

有形

建造物

榎迫宝篋印塔

国見町西方寺

個人

平成8年6月12日

NC02-06

有形

建造物

大藤岩屋板碑

国見町西方寺

個人

平成8年6月12日

市内文化財インデックのページへ

 

NC02-01 許波多社国東塔

 

国東市国見町西方寺堂山にある室町時代の国東塔である。
(高さ 205.5cm)

NC02-02 清浄光寺宝篋印塔

 

国東市国見町西方寺堂山
明治19年(1886)
清浄光寺
(高さ 610cm)

NC02-03 許波多社旧神像三体

 

国東市国見町西方寺堂山
神像(木像)
許波多社
鎌倉時代

NC02-04 許波多社旧神像六体

 

国東市国見町西方寺堂山
神像(木像)
許波多社
江戸時代

NC02-05 榎迫宝篋印塔

 

国東市国見町西方寺榎迫。
ここの人は虎御前と呼んでいる。
(高さ 213cm)
室町時代か。

NC02-06 大藤岩屋板碑

 

鷹ノ巣の直下の峠の境に建立されている。この上に壊れた阿弥陀堂がある。ここは峯入りの礼拝所である。

平成8年3月18日 修理

市内文化財インデックのページへ

地区トップ