ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財課 > 竹田津地区の文化財

本文

竹田津地区の文化財

印刷ページ表示 更新日:2013年11月13日更新

kenshi

NB01竹田津

県指定

N0.

区分

細区分

名称

所在地

管理者

指定年月日

NB01-01

天然

武多都社の境内林

国見町竹田津

武多都社

昭和49年3月20日

NC01竹田津

市指定

N0.

区分

細区分

名称

所在地

管理者

指定年月日

NC01-01

有形

美術工芸

竹田津文書

国見町竹田津

個人

昭和39年2月28日

NC01-02

有形

建造物

竹田津家国東塔1

国見町竹田津

個人

昭和39年2月28日

NC01-03

有形

建造物

竹田津家国東塔2

国見町竹田津

個人

昭和39年2月28日

NC01-04

有形

建造物

竹田津家国東塔3

国見町竹田津

個人

昭和39年2月28日

NC01-05

有形

建造物

吉田家国東塔1

国見町竹田津

個人

昭和39年2月28日

NC01-06

有形

建造物

吉田家国東塔2

国見町竹田津

個人

昭和39年2月28日

NC01-07

有形

建造物

大光寺国東塔

国見町竹田津

大光寺

昭和39年2月28日

NC01-08

有形

建造物

一石六地幢

国見町竹田津

個人

平成4年3月31日

NC01-09

有形

建造物

十二灯石

国見町竹田津

個人

平成4年3月31日

NC01-10

有形

建造物

大光寺宝塔印塔

国見町竹田津

大光寺

平成8年6月12日

市内文化財インデックスのページへ

  

NB01-01 武多都社の境内林

 

大分県自然環境保全地域内でコジの林を含むスダシの林である。
(国見町竹田津宮の尻)

NC01-01 竹田津文書

 

江戸末期の系図で竹田津文書は
 竹田津文人氏所蔵
 竹田津建之助氏所蔵
 竹田津毅三助所蔵
 岐部直人氏所蔵
の4通ある。
(西国武士団関係史料集37に所蔵、文献出版 竹田津文人氏所蔵)
現在、東京在住の個人が所有。

NC01-02 竹田津家国東塔1

 

 国東市国東町大字竹田津中にある江戸中期の国東塔である。
(高さ 156cm)

NC01-03 竹田津家国東塔2

 

 国東市国東町大字竹田津中にある 江戸中期の国東塔である。
(高さ 140cm)

NC01-04 竹田津家国東塔3

 

国東市国東町大字竹田津中にある 江戸中期の国東塔である。
(高さ 120cm)

NC01-05 吉田家国東塔1

  

 国東市国東町大字竹田津聖にある室町時代の国東塔、香々地見付より移転してきたものである。(高さ 170.5cm)

NC01-06 吉田家国東塔2

 

国東市国東町大字竹田津聖にある室町時代の国東塔、香々地見付より移転してきたものである。(高さ 121cm)

NC01-07 大光寺国東塔

 

 国東市国見町竹田津御所、大光寺境内にある国東塔である。
(高さ 116cm)

願 藤原□□
  享保十一□天
  竹田津儀兵衛
     吉右衛門
  小串 五郎兵衛
  □上右馬充
  総氏子中敬白

NC01-08 一石六地幢

 

国東市国見町竹田津井上にある石造仏像である。

NC01-09 十二灯石

 

国東市国見町竹田津井上にある石造物である。
灯明元が13ヶあり山林の仕事や猟師が山に入るときに祈ったという。

NC01-10 大光寺宝塔印塔

 

国東市国見町竹田津、大光寺境内にある宝篋印塔である。
(高さ 180cm)

市内文化財インデックスのページへ

竹田津トップ