ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財課 > 矢川地区の文化財

本文

矢川地区の文化財

印刷ページ表示 更新日:2013年11月13日更新

ken

AB12矢川

県指定

NO.

区分

細区分

名称

所在地

所有者

指定年月日

AB12-01

史跡

地下式土壙

安岐町矢川

個人

昭和28年4月20日

市内文化財インデックス

a12ichi664

AB12-01 地下式土壙

 

敷地内に2基あり、1号は径60cmの竪穴が約2mの深さにうがたれ、玄室は奥行き3.1m、幅3.8mの墨丸長方形を呈する。天井高は1.7mを測る。2号は玄室幅2.9m、奥行きは奥壁全面積み石まで2.2mを測る。天井高1.3mを測る。
中世積み石は屍床の可能性があり、直刀2口の出土が伝えられているが築造時期は中世に推定される。

市内文化財インデックス

地区トップ