ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 文化財課 > 横手地区の文化財

本文

横手地区の文化財

印刷ページ表示 更新日:2013年11月13日更新

shi

KC14-4横手その他

市指定

NO.

区分

細区分

名称

所在地

所有者

指定年月日

KC144-01

有形

美術工芸

萱嶋文書

国東町横手

個人

昭和38年1月27日

KC144-02

有形

建造物

無縫塔

国東町横手

個人

昭和46年11月10日

KC144-03

史跡

百姓一揆犠牲者の墓

国東町横手

個人

昭和46年11月10日

KC144-04

無民

ホーヤク祭り

国東町横手

高良地区

昭和46年11月10日

KC144-05

有形

建造物

池下橋

国東町横手

大分県

昭和55年6月1日

KC144-06

有形

建造物

小川橋

国東町横手

大分県

昭和55年6月1日

KC144-07

有形

美術工芸

木造十王坐像

国東町横手

小畑十王堂講組

昭和55年6月1日

KC144-08

有形

美術工芸

寒の神

国東町横手

個人

昭和63年4月28日

市内文化財インデックス

位置図 共通

k144ichi664

KC144-01 萱嶋文書 

 

 横手萱嶋家に伝わる古文書で、鎌倉時代、正和元年(1312)から室町期天正14年(1586)ごろまでの約70点が残っている。

KC144-02 無縫塔

 

 横手小畑から赤松に通じる道の岩屋の西、萱島家墓地にあり、泉福寺無著禅師の墓塔と同型。形状から、同時代、明徳・応永ごろと推定。

KC144-03 百姓一揆犠牲者の墓

 

小川。慶応2年(1866)の百姓一揆犠牲者勝二郎の墓。

KC144-04 ホーヤク祭り

 

 高良区に昔から伝承される帝釈天王祭。旧6月18日に行なわれる祭礼行事で、区の和平と講中の健康及び五穀豊就祈願をこめた祭。帝釈天は至福の神であり特に安産祈願がなされている。

KC144-05 池下橋

 

 横手にある石造車橋。明治34年、日出町石工、大塚安太郎を招き、石質最良の行入石で築造したもので、当時は、県下に誇る名橋であった。明治38年1月完成。

KC144-06 小川橋

 

 横手にある石造車橋。池下橋と同じく、日出町石工、大塚安太郎が本多応三の招きで、行入石で築造したもの。完成は、明治41年1月。

KC144-07 木造十王坐像

 

 本尊地蔵菩薩坐像(総高51cm)の両側に13像(高さ25cm)が安置されている.。延命寺は、以前、山上にあったが、現在、延命寺組中が小堂を建立、管理している。
本尊、地蔵菩薩 台座30cm、仏体21cm、
十王座像25cm、10体 40cm、一体

KC144-08 寒の神

 

 横手川の渕から見地へ通ずる旧要路の路傍にあり、石祠内に、単体の僧形(合掌像)。石祠の前には、男根像を供えてある。信仰の目的としては、道路の守護神、作神、縁結び夫婦和合、子育て、性神(性病の障りを防ぐ)がある。元禄10亥年(1697)の銘がある。

 

市内文化財インデックス

地区トップ