ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育・文化 > 歴史・文化財 > 日本遺産 > 鬼んぴっくメダルの重みをかみしめて ~鬼んぴっく2020メダルデザイン発表&メダル授与式~

本文

鬼んぴっくメダルの重みをかみしめて ~鬼んぴっく2020メダルデザイン発表&メダル授与式~

印刷ページ表示 更新日:2021年12月9日更新

令和3年11月19日に豊後高田市真玉庁舎大ホールで、鬼んぴっく2020メダルデザインの披露とメダルの授与式が行われました。
オリンピックイヤーにくにさきの鬼文化をもっと発信し、愛着をもってもらうことを目的に行う「鬼んぴっく2020(Kunisaki Onimpic Games 2020)」は、国東市・豊後高田市で行われるローカルな大会にオリンピックイヤーならではの賑わいを創出したり、優れた技術を持つ「〇〇の鬼」を決定する様々な競技(スポーツ、文化・職人技、その他)を行うものです。
6月に開会が宣言された鬼んぴっくですが、新型コロナウイルス感染症の影響により競技等が延期となっていました。しかし、感染状況が落ち着いたことで開催の運びとなりました。
鬼んぴっくメダルは、県内外から131点のデザインの応募が寄せられ、公式メダルには臼杵市在住の西嶋 健(にしじま たけし)さんが考案したものが選ばれました。

鬼んぴっく メダル授与式 オープニング映像

西島さん メダル

~西島さんのコメント~

「コロナ禍の中で鬼んぴっくが成功することで、他のイベントが続き、世の中が通常の生活になることを祈って製作しました。参加する小さい子どもたちには、なんでも真剣にやればできるんだという思いで頑張って欲しいと思います。」

メダル授与式

特別ゲストとして、ロンドンオリンピックの女子バレーボール銅メダリストの迫田さおりさんと江畑幸子さんが登場し、お二人が入場すると会場は大きな拍手に包まれました。

メダル授与式では、11月14日に行われた少年野球大会と少女バレー大会の優勝・準優勝チームの一人ひとりに佐々木市長・河野教育長から賞状が授与され、迫田さんと江畑さんからはメダルが掛けられました。
 国東市からは、野球の部に「国東6年選抜」(優勝)とバレーボールの部に「IIZUKA JVC」(準優勝)の子供たちが参加し、メダルの授与を受けました。

 

国東6年選抜の子供たち

IIZUKA JVCの子供たち

オリンピアンとの交流タイム

最後に、迫田さんと江畑さんとの交流の時間が設けられました。迫田さんは「ロンドンオリンピックでは素晴らしい先輩たちに助けてもらいました。オリンピックは言葉にできないくらいの景色が広がっています。」、江畑さんは「みなさんと同じくらいのときにテレビでオリンピックを見てプレーしたいと思っていました。オリンピックに出た後は人生が変わりました。チームメイトを大切にして頑張って欲しいと思います。」とお話しいただきました。

授与式後にはなんと、サプライズとしてお二人が勝ち取ったロンドンオリンピック銅メダルが展示されました。

オリンピアンとの交流 オリンピックのメダル

メダリストのお二人から子どもたちへのメッセージ

~迫田さんからのメッセージ~
「子どもたちの可能性は無限大にあると思うので、自分たちで勝ち取った優勝・準優勝を今後に活かして、さらにこの町をみんなで盛り上げてもらったら思います。」

~江畑さんからのメッセージ~
「私も小学生の時のバレーボール教室でオリンピアンの方が教えてくれたことが心に残っています。今日私たちと交流したことで小学生たちのこの先につながってくれたらうれしいです。」