ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 心の相談 > 人権に関する相談について

本文

人権に関する相談について

印刷ページ表示 更新日:2020年4月27日更新

人権相談

 皆さんの日常の生活の中で、これは人権問題ではないだろうかと感じたり、人権の侵害を受けたと感じた場合、お近くの法務局や地域の人権擁護委員が相談を受けることができます。
 また、市の人権啓発・部落差別解消推進課や隣保館でも職員が相談を受けますので、お気軽にお声かけください。

人権相談の内容

 相談内容については、部落差別の問題(同和問題)や性別、高齢者、子ども、障がい者、人種や民族、医療に関することなどのほか、隣近所とのもめ事や、職場や家庭内でのさまざまなハラスメントなど、人権侵害と感じるものすべての相談に応じます。

人権擁護委員相談の日程

 人権擁護委員による相談については、通常相談日と特設相談日があります。
 通常相談日は毎週木曜日、午前9時から午後3時まで、大分地方法務局杵築支局で行っています。電話相談も可能です。(当面の間中止)

 特設相談日は、毎年6月1日(人権擁護委員の日。この日が土日の場合はその前後の平日1日)(令和2年度 中止)と、12月4日から10日(人権週間)を含む前後の期間の内、平日1日の年2日間です。両日とも午前10時から午後3時まで。会場までお越しいただいての相談になります。特設相談については国東市内を旧町単位で4会場に分けて行います。会場などは別にお知らせします。
 また、上記以外でも随時人権擁護委員による相談は可能です。連絡先などにつきましては、人権啓発・部落差別解消推進課までお問い合わせください。

◆大分地方法務局杵築支局電話番号
 Tel:0978-62-2271

法務局への相談の日程

 法務局の相談については、来所相談、電話相談いずれも可能です。
 毎週月曜日から金曜日、午前9時から午後5時15分まで対応できます。(土日および祝祭日並びに年末年始休暇を除く)
 なお、全国共通相談ダイヤルもあります。この共通ダイヤルについては、全国どこからでも同じ番号ですが、最寄りの地方法務局または支局につながりますので、支局の管轄外から電話をかける場合はご注意ください。
 また、インターネットでの相談も可能です。24時間相談を受け付けています。

◆大分地方法務局杵築支局電話番号
 Te:0978-62-2271

◆インターネット相談アドレス
 http://www.jinken.go.jp/
(または検索サイトで「インターネット人権相談」で検索してください)

ダイヤル名 電話番号
全国共通人権相談ダイヤル
子どもの人権110番 0120-007-110
みんなの人権110番 0570-003-110
女性の人権ホットライン 0570-070-810

市役所職員による相談

 国東市役所では、人権相談について、人権啓発・部落差別解消推進課と国東市隣保館の2か所で受け付けています。
 いずれも電話相談、来所相談ともに可能です。
 毎週月曜日から金曜日、午前8時30分から午後5時まで対応できます。(土日および祝祭日並びに年末年始休暇を除く)

名称 住所 電話番号 Fax番号
国東市の相談先
国東市人権啓発・部落差別解消推進課 国東市国東町鶴川136番地1
アストくにさきアグリホール2階
0978-72-0354 0978-72-0357
国東市隣保館 国東市武蔵町古市1138番地1 0978-68-1722 0978-68-1751